小さな時間足と大きな時間足

みなさん、こんにちわ^^DRAGONです。

12月も相場は動いていますが、

僕はすっかり気持ちがお休みモードになっていて、
あんまりトレードせずに遊んでいます(笑)

今年ももう少しですね。

しかし、時間が経つのはほんまに早いですねぇ~(>_<)

出来るだけ無駄な時間を過ごすことなく、
日々楽しく笑って生きていきたいと思う今日この頃です(∀`*ゞ)



さて、今日は少し複数時間足の事について書いてみようかと思います。

まずはみなさんどの時間足をメインでトレードしていますか?
5分?15分?はたまた1時間?


さとるさんの記事でも書いてくれていましたが、
まずは1つの時間足でしっかりトレード出来るという状態になりましょう(^^ゞ


実は僕がこれまで見てきた人の中にもすごく多いんですが、
1つの時間足に従ってトレードをしっかり出来るようになると、
次に複数時間足に手を伸ばして失敗する人がいます。


折角1つの時間足で安定してきたのに、
複数にした途端になにやら色々なものがゴチャゴチャになって、
迷ってしまう…という傾向が強いです。


まずは1つの時間足で!といいましたが、
これは例えば5分足メインの人が他の時間足を見てはいけないのか?

というと、そういうことではないです^^

大きな時間足のレジサポは見てもいいけど、
エントリーは5分足に従いましょう!!
つまりあくまでとりにいくのは5分レベルの波ですよってことです。

ってのが、1つの時間足を使うってことです。


じゃあ複数足は?っていうと、
当然監視している全時間足の波が対象となるので、
どの波をとりにくのか常に自分の中で把握していないとダメです。


このポイントは15分の押し目だから、
どこまで狙ってみよう!とか、
今回は1時間足の波だから少し長期保有で大きく狙うか!
など状況によって変わってきます。


さらにいうならば相場は常に何かの時間足と何かの時間足の戦いが起きています。

基本は大きな時間足が強いので、
5分ならば敵はいっぱいですよね^^;

必然的に大きな時間足に戦いを挑んで少しでも反応すれば、
すいませんでしたといって逃げることも多くなります(笑)



小さな時間足と大きな時間足では、

エントリーポイント:小さな時間足>大きな時間足

機動力:小さな時間足>大きな時間足

自分より強い敵の数:小さな時間足>大きな時間足

目線の切り替え頻度:小さな時間足>大きな時間足

狙える利益の幅:小さな時間足<大きな時間足

待ち時間:小さな時間足<大きな時間足


他にも色々ありますが、
このようにそれぞれにメリットとデメリットが存在します。


複数時間足を使ってエントリーするということは、
これら全てを頭に入れた状態でその時々での判断が必要になります。


もちろんチャートはどんな時間足でも見方は同じなので、
慣れてくれば自然に見れるようになると思いますが、
それまでは1つの時間足で十分です^^


僕も一時期はいろんなところで利益をとってやろうと、
小さい時間足で細々やったりしていましたが、
そうなるとついつい大きな時間足のポイントを見逃して、
ちょっとの利益しかとれなかった…なんてことがよくありましたΣ(゚д゚lll)


人間なんて動きの多い方に目をとられてしまいますから、
ついつい小さな時間足の方ばかり見てしまいがちですよね^^;


でもこれはほんとに疲れますし、
細々やるのは性格に合っていないと気付きました(笑)


なので、今はある程度の波をとるように心掛けています。

だいたい15分と1時間の波をとりにいく感じですかね。



頭がお休みモードなので、
なにを書いているのかわからなくなってきましたが、


要するに、

1.まずは取りに行く波を決める(時間足を決める)

2.それ以上の時間足はレジサポだけ見る

3.そのレジサポのポイント以外は決めた時間足だけ見る



みたいな感じでやれば、
あまり振り回されずにトレード出来るのではないかと思います^^


今ちょっと振り回されてます…
というような方がいれば試しにやってみてくださいね~


それでは、また('-^*)/
関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2012/12/19 18:57 ] 相場の本質 | TB(-) | CM(-)