期待値の考え方 Vol.1

みなさん、こんにちわ^^DRAGONです。

今年ももうあとわずかとなりましたねぇ~

どうも、昨日のためさんのイブの記事に続いて、
クリスマスに記事をあげているものです(笑)


最近さらに寒くなってきたんで年末で体調壊して風邪正月ってことにはならないように気をつけましょう^^


そろそろみなさんもFXはお休みモードに入っている人も多いと思うので、
さら~っと読んでいただければ(笑)


題名にもあるように期待値に対する考え方ですが、
まず一番簡単にいうと、


勝率50%で期待値が1以上の事象を繰り返せばプラスになる


はい!以上です(笑)
簡単というかあたりまえですよねww


ただ、この簡単であたりまえのことが、
FXではわかっちゃいるけど出来ないのです。


ではより具体的に。


僕達はブログでひたすらトレンドフォローといっていますが、
それはこの勝率、期待値共に優位性が高くなるからです。


もちろんのことですが、

勝率が高ければ高いほど、
期待値が高ければ高いほど、

より安定性が増し、利益が大きくなります。


トレンドフォローのやり方はもうみなさんオッケーですよね??


上位の時間足がレジサポを抜けてきて、
次の目標まで向かっている状態の時に、
自分の時間足でひたすらついていく!



でしたよね^^



目標まで向かうといっても実際にここだ!!
なんてことは相場が出来てからでないと結果としてわかりません。


だからあくまでも、
自分が設定したレートを目標としてみて下さいね。


僕達も「ここが目標っぽくない?」っていっていても、
あっさりと突き破ることはよくあります(笑)


ただ、届かないより突き抜けたほうが断然いいです。
なぜなら自分の目標まではちゃんと届いていますから♪


突き抜けたらまた再度目標を設定しなおしてついていけばいいだけの話ですしね^^



今から書くことは極論ですが、
この考え方を根底に持っていると少しはゆったりとした気持ちになれると思います。

と、その前に

「エントリーのタイミングがわかりません」
といったようなメッセージを頂くのですが、
ここにそこまでこだわる必要はないかと思います。

だって勝っている人に
「何時何分の足でエントリーしましたよ」って聞いても
次から同じようには出来ないですよね^^;


大事なのはどのあたりのレートを意識していたのか。


同じあたりのレートを意識していたのなら、
自分もしっかり入れたのか?


入れなかったのならなぜか?
タッチでいってしまったからなのか?
躊躇したからなのか?


そういったことを分析する方がよほど大事です^^


また、
「どうしたらそのレートで止まったと確認出来るのですか?」
というようなこともよく聞かれますが、


そんなものはありません!!(笑)



こういうと語弊が生じますが、
あくまでも”止まったと自分が思った”

ということです。


もし100%止まった確認が出来るものがあれば、
どうか逆に教えていただきたいです(笑)


だって勝率100%になりますからww


そして、この確認もやはりいろんな経験をして自分で決めていくものだと思います。


僕達も、

・5分足が2本止まったから
・15分足が切り替わったから
・コマ足が出たから
・ここは抜けたらだめな場所だからタッチで
・勢いよく逆行してきたから様子見


などなど他にもありますが、
個人個人で少しづつ違います。


なので、
タッチで入らないと無理だった場所では、

「あ~、やっぱり入りましたか~確認しようとしたらいっちゃいましたよ~」

とか、

確認しようと思ったら抜けて行った場所では、

「タッチで入っちゃって、やられちゃいましたよ~www」

のような会話もよくあります。



ここにもやっぱりいつもいうようにメリット・デメリットがありますね^^


あ、極論の話をしたかったのですが、
長くなったので次回に書きたいと思いますね~



それでは、また('-^*)/
関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2012/12/25 17:34 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)