FXで勝てない理由①

FXは上がるか下がるか2択のゲームです。
悪く言えばマネーゲームなのかもしれません。

ルールはいたって簡単。

ロングをして、上がれば勝ちですし、下がれば負け。
ショートをして、下がれば勝ちですし、上がれば負け。

はい、当たり前ですねw
そんなの言われなくても知ってるよって話ですね。



ここで例え話をします。

2択のゲームなんだから、
例えば今、100人にサイコロを振って貰い、
奇数が出た人はロング、偶数が出たらショートをしたとしましょう。

そして、1週間後のこの時間、決済しましょう。

結果は・・・というと、ロングとショートは確率論で言うと、半々に分かれる筈です。
50人がロング、50人がショートですね。

ということは、半分の人が勝って、半分の人が負けるという事です。
こんなの当たり前。
だって、2択のゲームだから。

この勝ち負けを分けたのはただ1個のサイコロ。
ただの運です。



じゃー実際はどうでしょうか?
一般に8~9割の人はFXで負けていると言われています。

そして、コンスタントに勝ち続けているのは
残りの1割の中の、そのまたほんの一握りなのです。


ここで疑問が生じますよね??
2択のゲームの筈なのに、どうして??

スプレット?? マイナススワップ??

いいえ、そんなものはたかだか知れてます。

それ以上に、何百万円、場合によっては何千万円という損失を出して、
相場から退場していく人が後を絶ちません。
私の周りにもそういう経験を持った方がいました。

そういう私も過去に1度、退場を喰らってますw
ま、その話は、今度機会があれば書きますね。



実際にトレードをしている人は、サイコロでロングかショートか決めてますか?
そんな人はいないですよねw いたらごめんなさいですw

トレーダー達は必死に勉強をし、チャートを分析し、
指標を気にし、世界経済に目を向け、
一生懸命、勝つ為に努力し、トレードしている筈です。

酷い事を言うようですが、「その努力、報われてますか??」

このブログの読者さんも、FXをやっている、もしくは興味があるという方ばかりだと思います。

なのに、現実は、負けてる人が圧倒的に多いという事実。


ここで矛盾が生じますよね。
サイコロでトレードすれば、半分の人は勝てるのに、
勝つ為の努力をすればするほど、多くの人が負ける。

言い換えれば、プロが素人に負けているという事になります。



なぜ~~~??
何がいけないの~~??


と、なんだか、長くなってきたので、
前置きはこれくらいにして、続きは次回という事で。


つづく。
関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2012/09/14 20:13 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)