隙間の話 ②

こないだの土曜日、

だいぶ遅めの新年会にお呼ばれしてきました。

 

こんにちは つかさです。

 

ためさんも、ちらっと書いてましたが、

去年の秋口から教えてきた人達とのオフ会でした。

 

髪の毛とかセットしたの、久しぶりやし(ノ´∀`*)

 

 

みんなとはスカイプとかはしてたから、聞き慣れた声だけど、

やっぱ、その声で顔のイメージができあがってるものだから、

イメージ通りの人、全然違うやん・・って人、

色々でした。

 

楽しいお酒でしたー☆

 

 

 

さて今日は隙間の話の2回目。

 

前回は読者の方からいただいたメールを基に説明しました。

だいたいはあれで伝わったのかなって思うんですけど、

今日は、その復習をしたいと思います。

 

ちなみに昨日アップした勉強会の動画も隙間の話でしたね。

 

 

 

隙間の話をする前にまず、時間足の力関係。 

サイズの違う波の力関係を考えてみましょう。

 

まず前提として、

小さい波は大きい波に呑まれるという事。

これが相場のセオリーです。

 

 

 

1時間足と5分足はどっちが強いのか??

答は勿論、1時間足。

 

じゃー1時間足と4時間足は??

答は勿論、4時間足。

 

 

 

じゃーチーム戦はどうでしょう?

 

1時間足&15分足チーム VS 5分足&1分足チームは?? 

これは簡単ですよね。

考えるまでもなく、大きい方が強いわけです。

 

じゃーですよ、

1時間足&15分足チーム VS  4時間足&5分足チームは??

 

この辺を考えながら、

動画の方、見てみてください。

 

ダウンロードはこちらから。

(公開期間は1週間)


 

隙間の話とは複数の時間足の話です。

違うサイズの波の話です。

 

時間足と時間足の隙間。

波と波との隙間。

 

これはd-skさんの言葉ですけど、

 

「結局相場ってのは、

 史上最高値と史上最安値以外の時は

 どっかとどっかの隙間におんねん」

 

って事です。

 

大きい隙間もありますし、小さい隙間もあります。

その間をどうやってトレードしていくかが重要になってきます。

 

 

一応付け加えておくと、

セオリーでは長期の方が強いんだけど、

相場に100%はありません。

セオリーと違う動きをする事だってありますので

セオリーと違う動きをした時は柔軟に対応する事も大事です。

 

 

それでは~。。

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2013/01/29 15:01 ] 動画 | TB(-) | CM(-)