ナナメのライン ~切り上げ・切り下げ~ ③

ども~

つかさです。

 

今日はバレンタインデーでしたね。

チョコレートの送付先はコチラ(笑)

 

  ↓ ↓ ↓

 

 (`・ω・´)

すいません、リンク張ってませんw

 

と、そんな世間のイベントとは関係なく

今日はお引っ越しでした。

 

さきほど、ネット回線の工事も終わりましたー。

回線速度は1ギガbps  o(^-^)o

これで快適な引き籠もり生活が送れますww

 

 

荷ほどきは明日からボチボチやっていきます。

 

 

 

 

さてFXです。

 

今日は久しぶりに斜めのラインについて書いてみようと思います。

 

ちょっと前に斜めのラインについて書いた後に、

このブログを読んでくれてるリア友と呑む機会がありまして、

 

「斜め抜けでのエントリーは

   ロスカットが大きくなるから、使えないんじゃね?」

的な事を言われちゃいました。゚(゚´Д`゚)゚。

 

 

僕も人間ですから、内心はイラっとしちゃいました(--#)

「そう思うなら別に使わなくていいよっっっ!!」ってw

 

と、一瞬はそう思ったけど、

結局は、伝え方の問題だよなって反省(>_<)

 

 

なので、その使うべきところ、

使ってはいけないところについて。

 

まずは背景が重要

長期の時間足でレジ・サポが何処にあるのかを確認。

 

今相場は何処から何処に向かって動いているのかを考えて、

そしてトレンド中なのか、揉み合い相場なのかを判断します。

 

で、トレンド中と判断したならば、

その方向にエントリーを仕掛けていくわけですが…

 

エントリーポイントを決める上で大切なのが、

期待値という言葉。

 

期待値についてはDRAGONさんが

過去に書いてくれてますが、

僕もサラっと図で説明しますね。

 

 

 

☆期待値が大きいところだったら、

 少々ロスカット大きくしたって平気。

 

 

期待値 大

 

 

 

 

☆逆に期待値よりロスカット幅の方が大きいところは

 積極的に狙うべきではないです。

 

期待値 小

 

 

 

 

 

もちろん、水色の

サポートラインからエントリーできるに

越した事はないんだけど、

入れない時はこの形で入っていきます。

 

ちょうどこの間のサプライズ動画を見てくれた人は

分かってもらえるかと思いますが、

僕が、建値で狩られた後、

もっかい、入り直したのあったでしょ!?

 

あれがちょうどこの形でしたね(・∀・)

 

 

 

まとめると、

トレンド中で、なおかつ

期待値1以上のところに限りエントリーしていけば、

トータルでは勝てますよ。

って事です。

 

もちろん、勝率が極端に低かったらアウトですが…

 

 

 

でわでわ。


 
関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2013/02/14 12:59 ] テクニカル | TB(-) | CM(-)