エントリーポイント ~其の③~

ども、ためためです

まずは
読者さんからのメールを1つ('-'*)

20130304_1_20130306182121.png





えっと・・・
口下手ですいませんwww


さとるさんもこのとおり反省していますので・・・

20130304_2.png


さとるさんは
「自分がそこでトレードしてたなら」っていうのを質問者さんの目線にたって
メンタル状況なんかも真剣に想像してくれるんでね~
人間味の塊りなんですw



僕達も勝ち続けていくためには何が大事なのか?
それをできる限り分かり易く伝えようと努力していて、

その結果やっぱり動画がいいよねって事で
時間を作り ←頑張ってる感アピールw
動画を作成してはいるんですが・・・
至らなくて申し訳ないです(つД`)


正直、
「うひゃー、キビシー(つ∀`*)」
っとも思いましたがw

もっと正直に言うと
このメールを頂いた時、何故かワクワクしました 謎


今後ももっと解り易く、クオリティーの高い内容を
配信していけるよう心掛けますので
引き続き暖かい目で応援して頂けたら嬉しいです
優しくしてねw







さて2/12・2/17の記事で背景を無視したエントリーポイントの話を書きました
では今回は
 
 背景から導き出すエントリーポイントの話

を書きたいと思います('-'*)



2/28 3/1はみなさんどのようにシナリオを立ててました?
僕は2/28の深夜に読者さんからスカイプで質問を頂きました

ズバリ

 「ユロ円どうなりますか?」

直球ですw

下の画像の黄色↑のところが質問を貰った時の場所です
右の赤□で囲った部分はまだ出来上がっていません

20130304_3.png




で、僕の回答がこちら

20130304_5.png


120.50、121円を上抜けてきて
121.85(15分か5分ぐらいで見れば分かり易い戻り高値)に抑えられた時に
僕が考えたシナリオがまずは上記の①~③

そして僕は4h上昇フラッグ失敗の背景をもとに
安値トライをする動きを追っかける戦略を取っていました
つまり②番のシナリオです



②の可能性と③の可能性がある状態の時
売り方のシナリオと買い方のシナリオ両方考えなければならないです

売り買いの攻防が起こるゾーンですね
そして、このゾーンでトレードをしたいなら
それぞれのシナリオが崩れないところで仕掛けていきます




僕は②のシナリオを追っかけたかったので
上昇フラッグ崩れになるためには
どこを上抜けてはダメなのか?っていう節目がエントリーポイントになります
いわゆる逆張り・レンジ戦略っぽくなりますね

そして買い方と売り方の攻防の決着がついたと思ったら
素直に戻り売り・押し目買いのトレンドフォローをしていきます



今、買い方と売り方どんなシナリオが想定できるのか
そのシナリオがぶつかるとき節目はどこなのか
これが揉みあいゾーンのエントリーポイント


そして決着がついた後は素直にトレンドフォローすればいい
というのが順張りのエントリーポイント



これが背景から導き出すエントリーポイントになります

順張りだけに徹してもいいし
初動を獲りたければ節目節目から入れていかなければなりません




20130304_4.png



ほいでですね、ここから上図を使って続き書こうと思ったら
新しく読者さんからお問い合わせがきたんですよね
朝4:30ぐらいにw


ちょうどここのお話しやったんで
続きはもう動画にしちゃいました
お時間ある時にでも聞いてみて下さい('-'*)


 配布URLはこちら


今週は窓開けなかったですね(・ω・)





お知らせ
2/2(土)17:00頃~2/4(月)10:55頃に外為ジャパンさんからお申し込みされた読者様には、お伝えしたい事がありますので、お問い合わせフォームよりメッセージを下さい^^
関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2013/03/04 18:14 ] テクニカル | TB(-) | CM(-)