エントリーポイントを探る ①

こんばんは。つかさです。

 

こないだブログを引っ越した際に、

過去記事、みんなで見直したんですね。

 

なんですか!? この量。

 

自分達で書いたんだけど、

ほんとうによく書いたなってのが

正直な感想。

 

しかも毎日毎日(^_^;)

読む方の身にもならないとですねw

 

もうちょっとペース落とした方がいいのかな

とも思ったりはするんですけど、

みなさん、情報、整理できてますか?

付いて来れてますか?

 

頑張って付いてきてくださいね。

 

 

 

昨日、読者の方とスカイプする機会がありまして、

「ぶっちゃけ、何知りたい?」

って聞きました。

 

そしたら、

「長期の方向は分かるけど、

 短期に振られて、微益で終わったり、

 ロスカットになったりする

 

との事でした。

 

 

その回答として、

 

長期足は、波のサイズが大きいんだから、

取れる値幅も大きいです。

その分、ロスカット幅も大きくなって当然です。

 

極論を言うと、

長期の目線が分かっているんだったら、

長期足の目線が崩れるまで

ロスカットしなければ、いいんです(`・ω・´)

 

多くの利益を狙うのに、

ロスカットだけを極小にしようって考える事自体が、

都合が良すぎなんです!!

 

 

って、、。

 

 

でも、そんなのは嫌ですよねw

もっと都合よくやりたいですよね♪

 

そこで出てくるのが複数足の考え方

 

 

 

 

例えば、、、

これが長期足の流れだとしましょう。

 

20130318-1.jpg

 

 

トレンドフォローをする場合、

この時考えなきゃいけないのが、

押し目はどこかという事。

 

 

 

 

押し目候補としては、

この3つですね。

 

20130318-2.jpg

 

 

Aで買って下抜けてロスカット。

Bで買って下抜けてロスカット。

2連敗した後なので怖くてCでは入れなくて

そんな時に限って、Cから上昇していっちゃった。。

 

(´・ω・`)ショボーン

みたいな事になったら最悪です。

きっとこんな経験ある方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

じゃー、

Aで買って、Cを抜けるまでは

含み損抱えたって平気さ~~(*^^)

長期足は上なんだから~☆

 

って、これは頭の方で書いた極論ってやつですw

 

僕はこんなトレード絶対嫌ですし、

強靱なメンタルの持ち主しかこんな芸当は無理です。

ま、損切り貧乏になるよりはマシかもですね(>_<)

 

 

 

 

 

じゃー、押し目候補が3つある場合、

絞り込んで行かなくては駄目ですよね?

 

相場で生き残る為には

勝ち続けなければなりません。

 

当て物のように、

ここかな?? ここかな? って、

下手な鉄砲数撃つちゃ当たるじゃ困るわけです。

 

ですが、

何処で下げ止まるかなんて、僕には分かりませんし、

100%分かる人なんて居ません。

 

そこで大事になってくるのが他の基準

フィボであったりMAであったり、

何処が、より強力なのかを考えます。

 

他の基準が重なる時は、

確率論的に勝率が高くなるので、

ここだ!! って決めつけて。

そこからエイってエントリーもしますけど、

 

基本はエントリーする時には

短期足を使うわけです。

 

20130318-3.jpg

 

 

 

このオレンジの丸で囲った箇所の

短期足の動きを考えてみてください。

 

ここ、短期は下降トレンドなの分かりますか??

 

長期は上目線。

短期は下目線。

 

長くなってきたので、

続きは次回にしたいと思いますが、

それまでに考えておいてほしい事があります。

 

長期の押し目が入り、

長期のトレンドが継続する為には

何が必要ですか??

 

 

次回は、この短期足の動きを

説明していきたいと思います。

 

それでは。。

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2013/03/18 16:40 ] テクニカル | TB(-) | CM(-)