エントリーポイントを探る ②

 

昨日から第2弾レポートの販売形式の方、

始まっています♪

 


こんにちは、つかさです。

 

この週末は、

久しぶりに、本業の方のお仕事をしてきました。

 

ほぼ専業だけど、一応兼業でやってます。

 

600起きという健康的な生活を送ってますw

 

だいぶ田舎の方まで車飛ばして、

外での仕事だったんですけど、

パソコンの前を離れて綺麗な空気を吸って

リフレッシュできました。

 

20130324-0.jpg

 

けど、体はヘトヘトです。

歳をとると筋肉痛が2日後に来るっていうんで、

多分、明日あたりヤバそうですw

 

 

 

 

さて、前回の続きです。

 

ためさんの記事やGKさんとのシリーズ動画と

今回、僕が書いてる事。

だいぶ内容被ってますが、そこはご愛敬という事で・・・

 

20130323-1.jpg

 

 

長期の押し目というのは、

短期は下降トレンド。

 

長期は上目線。

短期は下目線。

 

長期の押し目が入り、

長期のトレンドが継続する為には

何が必要ですか??

 

ってところで終わってました。

 

 

答は、

短期の下降トレンドを崩壊させないといけない。

です。

 

 

 

では、

短期の下降レンド崩壊の条件とは何でしょう?

 

それは短期の戻り高値を抜く事です。

 

 

 

 

上図のオレンジで囲った部分の

短期足の動きの一例が下図です。

 

 

20130323-2.jpg

 

 

短期の戻り高値はアです。

イでサポートされた後、アを上抜いて来ました。

この時点で短期の下降トレンドは崩壊となります。

 

この図の場合、イで買えたなら、

一番低い所から買えた事になるので

それに越した事はありません。

ただその場合は、アを上抜けない限りは

短期の下降トレンドが崩壊しないので

イを下抜けてC付近まで下がる可能性もあります。

 

ではウのエントリーポイントはどうでしょうか?

イよりレートは高いので悪いエントリーかというとそうではありません。

アを一旦上抜いていますので、既に短期の下降トレンドが崩壊しています。

ですので、伸びやすいポイントです。

すぐ利が乗るので僕の大好きなエントリーポイントです。

 

 

 

ちなみに、

僕はイでうまく入れたとしても

アを一気に越えないような動きをした場合は

いったん微益で逃げちゃう事も多いです(>_<)

 

そして、アを越えた後に

もう一回、ウから入っていきます。

 

ただ、アを越えた事によって一気に伸びて

戻らずにいっちゃう場合は、

ずっと持っときゃよかった。 (´・ω・`)ショボーン

ってなりますけど。

まぁ、しょうがないかなって思ってます。

 

勝つ事よりも

負けない事が大事だと思っています。

 

まぁ、この辺は僕達5人それぞれに性格が違いますので、

イで買ったらずっと保有って人も居ます。

 

僕のがやり方がすべてではないですが、

チキンな人は参考にされてみてくださいw

 

 

 

 

今回は縦軸の話なので、

ここからは余談になっちゃいますが、

ウのポイントは

ナナメのライン抜けのエントリーとも被ってきます。

 

詳しい説明はこないだしたので、

とりあえあず、図だけ載せておきます。

 

 

20130323-3.jpg

 

 

こないだの説明とは波のサイズが違いますが、

考え方のベースは同じですね。

 

 

 

それでは(^.^)/~~~

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2013/03/24 14:05 ] テクニカル | TB(-) | CM(-)