いつ抜けるの? 今なの!?

こんばんは。つかさです。

 

ジムに通い始めて約2週間。

 

「なんでお金払ってしんどい事せなあかんねん・・・」

まさにその台詞、ジム始めて3日目くらいに、

一緒に行ってるツレと言うてましたw

 

昨日のDRAGONさんの記事を読んで、

( ゚д゚)ハッ!  なんでバレとるんだ?

って思いましたw

 

けど今は習慣になりつつあるんで、

楽しくやっとります。

 

 

 

さてFXです。

 

「くそーー、、レンジ抜けとるやないけーー。」

 

今日は朝からお出かけしておりまして、

いつもお世話になってる方々とお食事してきました。

そして夕方に帰宅したわけですけど、

やっと揉み合い抜けましたね。

 

1600過ぎの戻り売りには間に合わなくて、

あーあ、、って思ってたらもっかい戻ってきてくれたので、

 

128.77でショート。

そしていきなり含み損。

ロスカットは128.90越えです。

 

とりあえず、128.33を抜けてくれるとうれしいな。

そこ越えてもこのポジは128手前で食うつもり。

 

 

 

今日は、

いつ抜けるの?   今なの!?

って話です。


チャートは波を作ります。

背景として、

長期が上昇トレンド中だった場合の話。


短期足が上から降ってきて、
長期の押し目候補の水平線でサポートされた後、
短期足が上目線に変わりました。

さぁ、ここからは押し目買い。
目標は長期の波の高値更新。

ここまではいいですね。

ただですね、、
長期の押し目で5分足が上目線に変わっても、
それまでが下落で来てるわけだから、
当然その下落に対しての戻り売りがあります。


まだ、15分足は下目線ですし、
15分が上目線に変わっても、

次は30分足はまだ下目線。

僕は滅多に見ませんが、間には20分足とかいうのもありますしね。

長期のサポで上がってきてるんだから、
それらの短期の戻り高値は抜いていくのかもしれない。
ってか、トレンドが継続するのであれば、

それらは抜いていくものです。

 

それがトレンドのセオリー。

じゃー、いつ抜くの?
って話です。

今でしょ!?  とは限りません。

4時間後かもしれないし、明日かもしれない。

 

そして毎回はセオリー通りには動かない事もあります。

むしろ、
相場は波を作るものだから、
各時間足の節目のレートでは、
買いと売りとの攻防があると考えるのが自然。

時には、V字の様に波を作らず、
棒上げする時もありますが、
僕らが狙っているのは、波です。
棒を取りに行っているわけではありません。

そりゃー、エントリーした瞬間、
100pipくらい棒上げしてくれたら、ムチャ楽ですけど、
そんなチャートがどれだけありますか?

毎回棒を狙って、どれだけの含み益を無駄にしますか?

5分のダウが一度も崩れずに、

目標まで行く事もまれにありますが、

目標までいく課程で何種類のドラマが想定できますか?

 

普通は少し強めのレジまで上がった後、

5分足の波では上げきれず、押しを作りに下がります。

この時、5分のダウは崩壊する事もあっていいのです。

 

けれど、もうワンサイズ大きい波のダウは崩壊ぜずに、

押しを作ってまた上昇。

 

そのサポからエントリーするもよし、

もう一度5分が上目線に変わってからエントリーするもよし。

 

3歩進んで、2歩戻る。

これが波を作る。

波を取るという事です。

 

 

こないだ僕とためと読者の方2名とで

勉強会をした時に、こんな話したわけです。

 


 配布URLはこちら

 

現在、1730

128.33にも届かず、利食いそびれてまだポジ持ってます(>_<)

ただのストレスの塊ですw

 

こうなったら、お祈りしかありません(;´Д`)

放置してジムでも行こうかな・・・

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2013/04/26 17:41 ] 動画 | TB(-) | CM(-)