値幅予測 其の①

こんばんは、ためためです

突然ですがみなさん数字は好きですか?
ボクは学生の頃から数学は好きでしたし、一番の得意科目でした。
パチプロで生活していた頃も
数字だけが味方でした。
数字の根拠を拠り所に確率の収束を信じて
どんなハマリにも耐えてきたものです(´д⊂)

さて
FXをやってきた人ならN値やE値といった言葉、聞いた事あると思います。
みなさん、フィボナッチリトレースメントやフィボナッチエクステンション
はトレードで使っていますか?


相場は一方的には動きません
上昇下降を繰り返しながらトレンドを形成していきます。
その時、上昇下降の値幅を予測するために
N値やらフィボナッチやらを
利用していく訳です。

これらは基本的には縦軸の算出に使うんですが
使い方によっては横軸にも応用できます(*^o^*)


というわけで今回は
値幅予測について数回に分けて連載していきたいと思います。



今日はまず第1回目という事で
基本の説明から入っていくんですが・・・
最初に言っておく事があります。

 予測はあくまで予測
 大前提は左の値動き(過去チャート)ありき
 左から引いてきた水平線と重なるところで使う


って事が大事です。
値幅予測だけでは勝てません。
必ず複数あるエントリー条件の単なる1つの要素として使うようにして下さい。


では進めていきます。
一目均衡表による値幅観測の方法として使われるのが
N値・V値・E値・NT値になります。

$We Love FX ~GT5「勝ち組5人」のFXブログ~


上図のように
 N値=AからBへの上げをそのあとのボトムCから同値幅上げる
 V値=BからCへの押しの倍返し
 E値=AからBへの上げを高値Bに上乗せする

となります。

そしてNT値なんですが、実践では全然使わないのでここでは割愛します。
ですがNT値を少し改良した値は結構役に立ちます。
それをNT値改と名付けてみます。

We Love FX ~GT5「勝ち組5人」のFXブログ~-NT値改

 NT値改=BからCまでの戻し幅をNから引いた値

とします。
つまり、高値BからCまでの戻し幅分だけNから戻した値はどこか?って事です。


上記それぞれの値を利用して
縦軸の目標値の予測をしていくのですが、
縦軸だけではなく、横軸も絡めた考え方を紹介していきたいと思います。


とりあえず
今夜はもう3時回って眠いので・・・続きはまた次回(・ω・`)オヤスミナサ-イ

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2012/10/01 03:15 ] テクニカル | TB(-) | CM(-)