初心に帰る Vol.7



みなさん、こんにちわ^^DRAGONです。


実は最近誕生日を迎えたんですが、
当日と前後の日にそれぞれ後輩や友達にお祝いをしてもらいました~☆

もう結構歳とってしまいましたが、
いくつになってもお祝いされるのは嬉しいもんですね( ´艸`)

ただ、どうも以前いったようにサプライズにはなれていませんww

するのは好きなんですが、
されるともちろん嬉しいのですが、
反応が困った顔になってしまうという天の邪鬼ぶりです(*TーT)b

この3日だけはダイエットなんて気にせずに、
食べて飲んで歌って転がして投げて打ってもう楽しみました♪

またしっかりトレーニングしたいと思います(o^-')b





***********************************************************************


これまでのシリーズを振り返りたい方は、トップの僕の名前のところをクリックして下さいね^^
こちらからでもどうぞ(o^-')b

さて、今日は縦軸の補足というか確認なんですけど、

みなさんはトレードを始める時に、
これまで紹介してきた図の



②、③ををしっかりチェックしていますか??

それをチェックして始めて今後の展開を考えることになります。


例えば長期足を4H・1H、基準足を15Mと見てる人がいて、
現在ロング目線になっているとしたら、
下図のようなラインが出来ています。



これは必ずしもこういう風に6本ラインが並んでいるといっているのではありません。

例えばBとCが重なるといった具合に、
何かのラインが重なってる時もあります。


要するにまずは準備段階としてこのように事前にレートをしっかり考えることが大事です。


そして次にエントリーの準備をするわけですが、

今レートがAの上にあるとします。


15Mの人は初めの図の①を引いてみたり、はたまた②、③で待ちたいと思います。

MAに関してはまだ話してないので今はこれが待ちたいレートだとしましょう。


では次に何を考えるのか。


もちろん15Mの①~③で待つわけですが、
まずはそれぞれのポイントでどのようにして待つのか。

レートにきた1発目に入れるのか、
時間足が切り替わるまで待つのか、
自分なりの転換サインが出るまで待つのか、



などいろいろあると思います。

例えば①は浅い戻しだし、レジサポ転換期待だから、最低でも時間足切り替わりまで待ったり1分足でいい形が出るまで待つけど、③は最終ラインだからここはもうレートにきたら入れてやる(`・ω・´)


なんてことをそれぞれのレートがどういうレートなのか考えながら想像して下さい(o^-')b


もちろん相場の動きはその時になってみないとわかりません。
1発で入れてやろうと思ったけど、
あまりの早い戻しにびびって入れれなかったとかもあると思いますww

どのような動きで戻してくるかによっても対応は変わると思います。


ただ、事前に色々と想像しておけば、
相場がどのように動いても対応しやすくなりますし、
何より慌てる事が少なくなります^^



備えあれば憂いなし


昔の人はいい事いいます♪


そしてエントリーに対しての想像が終われば、
次はではここを抜けたらどうするのかを考えなければなりません。


仮にBを抜けたら、15M基準にしてるからいったん下目線になる。

つまりBを抜けたら15Mには戻り高値を設定することになります。


じゃあ、Bを抜けたらどこまでショートを狙ってみるのか?


「今回はCまでの距離が少ないから、Cを抜けるまで静観だな」

とか

「15M戻り高値付近まで戻せば、Cまでは期待値的に狙えそうだな」



とか考えるわけです。


長期が上目線なので、

Cにあたる前に15Mの戻り高値を上抜いてくるかもしれません。

そうなれば再び15Mで①~③のエントリーポイントを設定することになります。


こういった考えを同様にD,E,Fについても考えておきます。


もしかしたらCを抜けた後に短期の方向感がなくなるかもしれません。


短期VS長期が発生するので、その可能性は十分にあります。


「そうなれば一旦勝負着くまで静観だな」

とか

「1HはDを抜けるまでは上目線だから15Mで方向感なくなったら、Dに近いところからロングしてみるか」


とかになりますよねd(゚-^*)


これがどの時間足の組み合わせをみている人でも同じような考えが出来ます^^



複数足を見るという事は、それぞれの足にこのようなレートが発生します。
これを難しく考えるとこんがらがってもう何が何やら…


って事になりますが、丁寧に見て行けばさほどなんて事ないと思いませんか(*^m^*)


混乱してしまう人の中には、
いろんな足にいらないラインを色々引いてみて、
ライン祭りみたいな状態になっている人もいます。


そして多分負けてしまう確率が高いのは、
短期が下目線で長期の押し目にあたった時によく発生する、
方向感がでていない時が多いのではないでしょうか?


繰り返しになりますが、事前にその可能性をしっかり頭に入れておけば、
冷静に対応できるようになります☆


もちろんトレード中にも相場は動いてその形を変えていってますので、
トレード中に発生する重要なレートやエントリーポイントもありますので、
それも今と同じように丁寧にみていって下さい(o^-')b



まずは事前にしっかりエントリーのプランを練る練習をして下さいね^^

では次回MAをからめたエントリーについてお話したいと思います♪

それでは、また('-^*)/
関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2013/05/25 16:29 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)