初心に帰る Vol.8

みなさん、こんにちわ^^DRAGONです。

さて、今は横浜でブログを書いてます(笑)
今回の横浜遠征もライブに行くためなんですけどね(*´ω`*)

そのライブも終わったんですがもう最高すぎてやばかったです☆

このブログでd-skさんと共に同じフィールドの方がいないか、
何度か呼びかけているのですが、どうやらいないようなので興味はないと思いますがww


ただ、そのライブでの出来事を少し・・・(*゚▽゚*)


このライブは完全に本人確認が必要な厳重なライブで、
仲間で来たグループも席はみんなばらばらになってしまうライブでした。

なので、自然と隣の人と世間話を始めるのですがww

僕の隣はいけめんのイケてるお兄さんだな~と思いながら話してたのですが、
実は話し込むと同じ年でマリンスポーツや船に乗る仕事をしているらしく、
とてもノリがよくかなり気があって二人で声出したり踊ったりしてましたww

これからも連絡しよう~って事で別れたんですが、
いやー、人の出会いはどこであるかわかりませんよね♪

ってお話でした(*゚∀゚*)

ライブはというと始めあまりダメな席かと思いきや、
そこに小さい踊り場があって、なんと1m先に本人が来て、
かなり長時間踊って歌ってという神席でした(((o(*゚▽゚*)o)))

あ、この補足はいりませんかwww


それではこのくらいで次にいきますか(´・ω・`)



***********************************************************************

これまでのシリーズを振り返りたい方は、トップの僕の名前のところをクリックして下さいね^^
こちらからでもどうぞ(o^-')b

これまで縦軸の使い方とそれに伴ってのメンタル的な部分をお話しました。

ここまでは大丈夫でしょうか??

これに今日は縦軸にMAをからめるところに行きましょう^^


からめるといってもいたって使い方はシンプルなので、
あまり難しくはないと思います。


まずはいつのも図を見てください。




これはこれまで何度も出しているので、
もう見飽きてるかと思います(笑)


MAをからめるとはその名のとおりMAでエントリーをしていくわけですが、
だからといってどのMAでエントリーしていっていいとゆうわけではありません。


以前お話したように昔僕らの間でトレンド発生後に、
片っ端からエントリーしていくというのが一時はやりましたがww

ただ、これだとやはりエントリーポイントは増えるわ、危なっかしいわなので今日は一定の考えに基づいた使い方をお話します(`・ω・´)


まず、①~③についてですが、
縦軸で考えた時に、このレートで待ちたいとお話しましたが、
実際にトレードをしていると、このレートがぴったりぴったり全て反応はしません。

まぁ、相場だからこれは仕方ないことなのですが、
例えば①のレートで待っていて、少し早めに行ったり、少し深めに入ってきたりするところに、MAが存在することがあります。


ただし、MAが存在するだけならこれまた数多くいる時もあります。
どういうMAかというのが大事になってきます。


それは前回にそのMAを使って高値を更新したMA


これが次のエントリーポイントに使いうるMAということになります。

実際にどういうことかというと下図を見てください。






まずは両方に共通していることですが、
Dのポイントで高値を更新しています。

ここでMAとぴったり重なって更新しているので、
次にまたこのMAで反応するかも?と考えます。

次に1枚目を見てください。

高値を更新したあとに押し目をつけにレートがさがってきます。


縦軸の考え方からいくと、①のレートで待ちたいところですが、
MAがそのレートの上にあるので、ここで反応していく可能性があります。


ここで選択が発生します。


つまり、MAでエントリーしてみるのかどうかですね^^

もちろん自分が止まったと思う動きがでなければだめですが、
もし、エントリーしたなら、
①との距離はどうか?
①まで来る覚悟はしないといけないがそこまで耐えるのか?
①までの距離と合わせて自分の許容範囲なのかどうか?

このようなことを考えなくてなりません。


もちろん①は縦軸の候補の中で一番早いレートですから、
最低でも①までこないとエントリーしないでも全然構いません(^-^)


ただ、その時はMAで言ってしまう可能性もあるなということを考えないといけません。


次に2枚目ですが、これは①と反対の考え方ですよね♪

縦軸では①で入れたいが、MAまで入ってくる可能性もあるな。
またはMAで待ちたいけど①で行くかも、といった事ですね^^


この場合例えば①で停滞した後にMAが追いついてきて、
①のレート付近に来た時に一気に行く場合
もあります。


これは横軸の考え方になってきますね☆


この考え方は、その時の相場の勢いや形にもよって様々ですが、
②にも同じ考え方がいえます^^


ただ、③まで落ちてきたなら、そのMAは突破されているはずですwww


これだとややこしくてわけがわからなくなります!!
って方は自分の待ちたいレートをしっかり持って縦軸で勝負するだけでもかまいません。


しかし、MAが上にある時は、

「早めにいっちゃった~」

で済みますが、少し下にあるときは、

「あ、さっきこのMAで高値更新してるからここまで来るかも」

という注意は持つようにしてもらいたいと思います。



またレートとMAがほんとに数pipsしか離れてない時は、

「んー、もうこの辺!!」

って感じで大胆にエントリーしてみるのもありですww


あくまでも以前反応して高値・安値を更新したMAで検証してみて下さいね♪




それでは、また('-^*)/
関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2013/05/30 16:56 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)