基準を作る Vol.2

みなさん、こんにちわ^^DRAGONです。

前回の記事で基準を持つことが非常に大切で、
不可欠だということはおわかりいただけたかと思います。

では今日はその基準をどのようにして作るのかをお話ししたいと思います。

あくまでこれは僕の場合なので、
みなさんは独自の基準を作ってくださいね^^

ではでは、
僕のトレンドフォローの基準について少し。

一口にトレンドフォローといっても、
見る時間足によってそれぞれ違うと思います。

僕のトレンドフォローの定義は、
主に長期で目線が固定されている場合に、
短期で発生した場合を指します。

短期だけで発生した場合でも使えますが、
その場合は大きな利益目標がたてられないので、
主に短期決済で細かく稼ぐ感じになりますね(笑)


では、どのようにしていくのかというと、
前回もお話ししたようにラインとMA(ボリン)を使っていきます。

ある目標にレートが向かっている時に短期では、
波を作りながらいきますよね。

一直線で行く場合もありますが、
その時は、初動でのれていなければ指をくわえて見ている場合がほとんどです(笑)

なので、一直線にいった場合は、
きっぱり諦めます!!
(ほんとはちょっと、いや、かなりくやしかったりもしますがw(つд⊂)エーン)


それは置いといて…

では波を作りながら行くということはどういうことか?
つまり上昇であれば、
高値を更新しながらもどこかで安値を作りにくるということです。

あ、安値を更新しにくるということではないですよ^^
安値も切り上げてきてますから♪

その安値を狙うために何か目印をつくりましょうってことです☆
それが僕の場合はラインとMA(ボリン)ですって話です。

では実際にどうするのか。


短期で高値を更新してきたあとに、
ラインを使って短期で水平線を引いていきます。

そのラインとMAが重なるようなところだと基準が2つあるので、
強気で待ち構えます。

ラインやMAだけの時もありますが、
しっかり確認してから入りますね^^


確認がどういうことかというのはまた別の機会にでもお話します^^

とまぁこんな簡単なことをただただ繰り返しているだけですが、
これでほんとに十分に勝てます!

図を書いて説明した方が見やすいしわかりやすいと思うので、
また次回にでも書きたいと思います(`・ω・´)ゞ

それでは、また('-^*)/
関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2012/10/05 19:22 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)