保有と基準と裁量と Vol.1



みなさん、こんにちわ^^DRAGONです。

本日無事に大阪に帰ってきました☆
結局東京には8泊9日というなかなかのロング滞在でしたねww


でも日にちの過ぎるのの早いこと(゚○゚)!

楽しい時間はあっという間に過ぎるんですね・・・

まぁ、でも今回も久しぶりの友達にも会えたし、
いろんなところにも遊びにいったし、
めちゃめちゃ濃厚な時間を過ごせました( ´艸`)


ただ、今日サンジのレストランの写真をアップしようとしたら、
デジカメをホテルに忘れてきた事にきづきました(*TーT)b

うかれていると最後に何かやらかすようですねwww

ということで写真はまた次回にアップします\(*´▽`*)/

***********************************************************************


さて、今日からのシリーズに何を書くのかというと、

ずばり!!

”保有”についてです。


よく読者の方からも、どういう保有してますか?とか微益撤退の基準は?

とかメッセージいただきます。



この保有ついては、ほんとに絶対的なルールというのを作るのは難しくて、
(僕の場合見ていれば、ルール通りに保有しない事も多いww)

特にその時その時の相場の動きによって違ってきたりします。


さらにいうならもし同じ状況、同じ場面でエントリーしたって、
今日と明日では決済の場所が違うかもしれないです。


仮にエントリーした後に、OCOをだしてほったらかしにする!

っていうルールならロスカットか目標達成のどちらかだと思いますが、
実際に見ていると、途中で利食いしたり、
逃げたりといった状況もでてきちゃいます(*ノωノ)



なので、今回のシリーズも前回のエントリータイミング同様、
あくまでも僕の考え、感覚、ルールを元にお話しすることなので、
参考程度に読んでいただければなと思います(-人-)



それではまず、エントリーした後に実際にエグジットした時ですが、
大きく分けて、


①基準割れでロスカット
②利益後建値決済
③微益撤退
④ある程度の利益後微益撤退
⑤目標到達ではないがある程度の利益
⑥目標到達
⑦目標到達後さらに上乗せ



これくらいなのかな~と思います^^



もちろん、

「基準割れor目標到達のどっちか勝負ですよ!!」

って人も当然ありだと思いますし、それが出来る人はかなり相場が見えているのか、根性がすわっているのかなと思いますww



というのも相場をやる上で、もう明らかにイケイケのトレンドであれば、
結構あっさり目標に到達する事も多いですが、

長時間足で少し揉みだしたり、相場が迷ったりしたら、
目標までいくのにかなりの時間を要したり、もう見てるだけでじれったくなることもありますww


なので、この保有についても自分の見ている時間足やとりにいこうといしている波、相場の動き、目標にしている距離など人によってかわってきます。


それを踏まえたうえで、順番にお話ししていけたらなと思います^^



ではまず初めに①基準割れでロスカットですが、

これもさらに

A:最大ロスカット到達(自動)
B:手動でロスカット


の二つに分かれます。


Aの最大ロスカット到達ですが、

これは僕が使っている機能にエントリーと同時に逆指値が入るというものですが、
今はとりあえず10pipsに逆指値が入るように設定しています。

僕はどんなに最大でも15pips以上のロスカットはしないようにしていて、
この15pipsの逆指値を移動する場面というのは、
相場のボラティリティがかなり大きくて、基準より少し余裕を見たらそのくらいいってしまう時くらいですかね^^


じゃあこの最大ロスカットで勝負する場面というのは、
どういう場面かというと、

「自分の中でほんとにここはこえてほしくないレートで、ここで負けたらしゃーない」

って思える場所です。


さらにいうなら大きな時間足での抜けてほしくないレートですね^^


この時はエントリーしたらOCOを出して、
もうパソコンを見ない事が多いです(o^-')b

大きな時間足でのレートなので、
その後に短期を崩してさらに目標までいっくのに時間がかかる可能性もありますし、
見てればチキン利食いしそうですから(*ノωノ)


ただ、これだって、後から見たらロスカットになっていて、
チャートを見たら、「あ~目標までいってないけど結構利益のってたやんけ~(*TーT)b」

ってなこともありますけどねww

でもこの「勝負エントリー」については、
やっぱり見ずにOCOで勝負した方が、僕にとってはトータルで大きく勝てています。


なら勝負エントリーってどこよ!?
ってのはもうみなさんこのブログやレポートでさんざん勉強してもらっていると思うので、
自分が抜けてほしくないレートは自分で決めれるんじゃないかなって思います(o・ω・o)


なので、この最大ロスカットで負ける時は、

・自分が大きな勝負と見た場面

もしくはこちらはほんとに悲惨ですが、

短期でかなりの勢いで落ちてきているのに、


エントリータイミングでいうところのばちんをやったり、先走りエントリーしちゃって、一瞬で最大ロスカットにかかる時くらいですかね(ノ_-。)


この一瞬でロスカットだけはほんとに避けたいですが、
それでも完全に避けれませんwww


短期が勢いあるってわかってるのに、ついついいっちゃう時もあるんですね(*ノωノ)


そんな時は間違いなくあとで、「様子見やんけ!!」って思いますw


最大ロスカットについてはそんなところですが、
全ロスカットのパーセンテージでいうと、

この最大ロスカットはかなり少ないかなと思います^^


それではこの後の説明も次回以降に出来るだけ丁寧にできればなと思います(-ω☆)


それでは、また('-^*)/
関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2013/07/21 17:04 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)