含み益は利益ではないという事 ④

 

こんばんは、つかさです。

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

先日、車のボンネットを開けて、

メンテナンスをしてたんですが、

途中から腕が痒くなってきまして。。

 

けどまぁ、作業に必死だったんで

痒いのは我慢しながら

なんとか作業をやりおえて一服-y( ´Д`)oO

 

ふと腕を見ると、、蚊にかまれた後が、、

ヤバイ、、ありえんくらい痒い。

 

だってその数、

両手で50カ所くらい。

 

ブログに載せようと思って

写真撮ったんですけど、

ちょっとグロいんで

アップするのはやめときます(´;ω;`)

 

 

 

さて、FX

 

前回の続き。

 

 

目標までたどり着くまでの

パターンのお話です。

 

 

①まっすぐ上がるパターン。

②フニフニ上がるパターン。

③いったん、下に振ってから上がるパターン。

④途中で小休止してレンジを作ってから上がるパターン

⑤目標まで行かないパターン。

 

 

①と②については

前回までにお話済みなので、

今日は③から。

 

 

 

③いったん、下振ってから上がるパターン

 

まずイメージを掴んでもらうために、

説明の前に図を見てください。

 

 

20130808-1.jpg

 

 

 

これが本命というか、

このエントリーを僕は狙いたいです。

 

ちょっとややこしくなりますが、

3つの時間足で考えていきます。

 

長期・中期・短期の波を考えてください。

 

まず、目標設定は長期で決めて、

エントリーは短期でやっていくわけですが、

その間には中期の波もあるわけです。

 

 

20130808-2.jpg

 

 

さっきの図に

色々と書き加えました。

 

 

黒が短期の波、

オレンジが中期の波、

紫の目標が長期で決めたもの。

 

短期足だけで考えた場合、

AからのロングもBからのロングも

そしてCからのロングも正解です。

 

ただ、そのままの流れで目標までいくのかというと、

それはわからないですし、そうならない事も多いです。

 

なかには、短期のダウが一度も崩れずに

目標まで行く事もありますが、

それは、こないだ説明した①や②のパターンみたいなもんです。

 

 

エントリーするのであれば、

波の途中からではなく

なるべく尻尾からエントリーしたいですね。

 

何故なら、そのサイズの波が崩れない限りは、

そのレートには戻ってこないから保有が楽だからです。

 

BCのエントリーは

短期の波では尻尾から入ってるつもりでも、

それを中期の波で考えた時はどうでしょう?

 

かなり、中途半端なところから入ってる事になります。

 

やがては短期の波がいったんくずれ、

短期では下目線に変わり、

波のサイズが中期に波及します。

 

そして、中期の押し目Eで反応して

Dを越える事により、

再び短期の波が上目線になり

Gからエントリーしていけばいいわけです。

 

Fで飛び乗るのも間違いではないですけど、

それは抜けの一波なんで、

また戻ってくる可能性が高いんで、

やっぱりGからの三波に乗るのがいいです。

 

この場合、黄色の中期の波で考えても

だいぶ尻尾の方から入れた事になりますし、

なにより保有が楽です。

 

OCOしておでかけもしやすいですw

 

 

これがまぁ、オーソドックスな形というか

基本的な考え方になってきますので、

是非是非、使いこなせるようになってください。

 

 

それでは、今日はここまで。。ノシ

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2013/08/08 17:30 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)