保有と基準と裁量と Vol.5




みなさん、こんにちわ^^DRAGONです。

先日淀川の花火大会に行ってきたんですが、
いや~やっぱり人が凄かったですね(TωT)

ただ、花火は凄くてかなりよかったです♪

P1010295.jpg

P1010291.jpg


あと、屋台もかたっぱしから食べましたww

その屋台の中にあった店なんですが、
みなさん知ってますか??

P1010286.jpg



何店かあったんですが、
ここだけなぜかすごい並んでたんで、
とりあえず買ってみたんですが…

これがもう革命的なおいしさでした!!

もうかき氷と思って食べたら大間違いですwww


屋台のレベルを遥かに超えていて、
普通にお店を出しても間違いなく売れると思えるほどのおいしさでした(*^m^*)

みなさんももし屋台で見つけたら、
是非トライしてみて下さい\(*´▽`*)/



***********************************************************************

今日は保有についての5回目です。

エントリー後のエグジットについては、

①基準割れでロスカット
②利益後建値決済
③微益撤退
④ある程度の利益後微益撤退
⑤目標到達ではないがある程度の利益
⑥目標到達
⑦目標到達後さらに上乗せ


そして前回は②、④、⑤の途中でしたよね^^


長期の押し目で入り、最小のレジサポを突破した後に~
って話したと思いますが、その中ででてきた図がこれでしたね。

※僕達が短期、長期とブログでいっている中で、
長期は○○足、短期は○○足と決まっているわけではありません(o^-')b

これは人によって違うと思います。

基準足をどこに置くかによって、その上と下の時間足が存在するわけです♪

これらの関係性についてはレポートの3弾に書いてますが、
またブログでもちょいちょい書ければと思います^^


レポートの3弾をまだ入手してません!って方は是非見てみて下さいね^^

第3弾入手はこちらからどうぞ(o・ω・o)


20130807_3.jpg



このように1分足では5分足の戻り高値を抜くまでに、
a⇒hの波で来ていて、赤のラインを越えてきた波の起点がeになります。


つまりeは抜かれたくない候補になってきます。

ここまではお話し済み。


ではここから選択肢をあげていきたいと思います。


と、その前に注意点があります。



まずはピンクのラインがどのようなラインなのか。

このピンクがどのようなラインかというのは、
これまでも散々いってきているので、
もう頭に入っているとは思いますが念のためww

まぁ、大事なのは、


自分の長期の最終ラインはどこなのか


という事をしっかり考えておいているかということです^^



今回のこのピンクラインなのか、はたまたさらに下なのか。


今はこのラインを最終ライン前の押し目ラインとしますね(-ω☆)



ではこの時に、考える選択肢はどうなるのか


X:小さいレジサポを越えた時点で逆指値を建値に移動しているから、まぁ、これで戻ればしゃ~ないか(o・ω・o)

Y:eを抜けるのは嫌だからここを抜ければいったん逃げるか…(*・ε・*)


もちろんXを選べば②とそれ以上の可能性、Yを選べば④とそれ以上の可能性。

ようするに、もし仮にピンクのラインをさらに下抜けた場合に、


Xならば利益ゼロに対して、Yならば微益が残るというわけです。


ただし、これも重要なことですが、eを抜けたからといって、

”決して下目線に変わったわけではないということ”

です。


これがよくチャートにのめりこみ過ぎて、
局地的な動きに目を奪われている状態になっていると、

ついつい目線を変えてしまうといった事をしてしまい、
そのあげく往復ビンタを食らった上に、目線がこんがらがるといった事になります。


負けている人や勝ちきれない人には結構みられる現象です(*ノωノ)
みなさんも注意して下さい♪


ではXとYの違いはというと、


eのレートからピンクのレートまでのリスクを背負うかという事です。


先ほどの話なら利益ゼロよりは微益でもあった方がいいと思いますが、
eからピンクのラインまでの間で反転する事も十分にありえます。


もしYを選択して、e⇔ピンク間で反転のような動きになると、
再エントリーするタイミングはないかもしれません(-人-)


なので、この選択をする時はそれも想定してください。



次に例えば、eを抜けずに比較的伸びた場合、
つまりB(F)がかなり上までいった場合、


X:目標まではまだだけど、一旦利確しておこうかな(*^m^*)

Y:これだけ勢いよく戻り抜けたら目標まではいくから持っとこ(-ω☆)


このXを選ぶ時の心境としては、
相場のボラにもよりますが、ある程度利益が乗ったのでもらいたい、
そして、一旦戻して再度有利なレートで入りなおしたい(*ノωノ)

つまり目標まで2重に利益をとれたらという戦略です。


実際にこれが出来たならYのように目標まで持ちきるよりも、
多い利益が獲得できます\(*´▽`*)/


ただし、入りきれなかったり、
再エントリーするタイミングがなければ、
目標までは指をくわえて見てなきゃだめですけどねwww


選択肢、選択肢といってますが、

要するにリスクの選別を自分で決定しなければならないということと、

その選別のためにはあらかじめ自分でいくつかの選択肢を用意しなければならないということです。


これをしっかりやっておけば、

”意味不明な目線の切り替え”



”不測の事態によるメンタル崩壊”

を予防出来ると思います^^


結局トレードなんて、

通算で100%満足する結果は得られません。


もちろんこれは会心の1トレード、
これは最悪の1トレードなどひとつひとつを見ればありますが、
通算で100%満足はあり得ないです。


これは逆をいえば0%もありえないことになります。


僕も毎日のように、

「あ~、へたくそ!!ほんまへたくそ!!」

って自分にいってますww


でもこれも1日たつと忘れてますし、
次のトレードに向かってます。


そしてなんやかんやで毎日利益もしっかり残っています。


まずはやるべきことと起こるべき事態を想定して、
心に余裕をもったトレードが出来るようにしたいですねd(゚-^*)


今日はこのあたりで^^



それでは、また('-^*)/
関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2013/08/12 17:05 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)