トレンドフォロー② ~トレンドフォローする理由~


こんばんわ。 つかさです。

前回の記事
でトレンドとは何かって事をお話しましたので、
今回はその続きになります。

 

上がったり下がったりするのが波なわけですけど、

じゃーその波はどっちに向かっているのって事が重要です。

そのトレンドの方向に向かって波に乗っていくのが、トレンドをフォローするという事です。

 

なぜ、トレンドフォローをするのが有効なのかというとですね。

 

上昇トレンドを例に説明します。

 

 

これが上昇トレンドです。この波に乗っていくわけですが、

じゃー、上がるところ(赤)に乗るの? 下がるところ(青)に乗るの?

って事になるんですけど、その前に整理しましょう。

 

上昇幅の方が大きく下降幅が小さい時は、上昇トレンドになります。

下降幅の方が大きく上昇幅が小さい時は、下降トレンドになります。

 

 

3~歩進んで2歩戻るっ♪ って事ですw

 

『長い方・短い方』ってな言い方を僕達はしています。

 

じゃー、どっちがお得ですかー? って事なんですね。

まぁ、3歩と2歩だったら似たような物ですけど、10歩と5歩だったら、どっちがいいですか?

って事です。 

もっと分かりやすくというと10pip5pipどっちがいいですか?

って事です。

 

どっちも取りたいってのは、とりあえず無しの方向でw

 

 

なぜトレンドフォローが有効か分かっていただけたでしょうか?

 

 

 

 

トレンドフォローをする理由として、もう一つ大事な事があります。

 

 

適当に○をいっぱい付けました。

これらの場所で適当にエントリーしたとしましょう。

(ほんまに適当過ぎますw)

ちなみに、決済は☆印です。

 

ロングを入れた場合・・・

ショートを入れた場合・・・

 

実際はこんなむちゃくちゃにエントリーするわけではないですが、

 

極論を言えば、

ロングだったら、どこでエントリーしても勝ってます。

ショートだったら、どこでエントリーしても負けてます。

 

次回以降に予定してますエントリーポイントの話とは矛盾してきますが、

方向があっていれば、エントリーポイントなんて、どこでもいいんです。

逆に方向が間違ってれば、どんなにピンポイントでエントリーできたとしても、

微益で逃げない限りは戻ってきてロスカットですね。

 

あ、これはあくまで極論ですよ。

実際は含み損を抱えたくないので、ピンポイントでエントリーしていくんですが…

 

今回はトレンドフォローがいかに大事かって事が言いたかったわけです。

 

引っ張って申し訳ありませんが、エントリーの方法は次回以降になりますm(_ _)m

お楽しみに☆

 

 

つづく

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2012/10/10 18:23 ] テクニカル | TB(-) | CM(-)