水平線は抜ける為のもの!? ①




こんばんは、つかさです。

 

 

20131113-嘆きの

 

 

ボインは~ 赤ちゃんが吸うにあるんやで~♪

お父ちゃんの~もんと~ちがうのんやで~♪

 

水平線は~ 抜ける為に~ あるんやで~♪

跳ね返る為に~ あるんと~ 違うのんやで~♪

 

 

はい、失礼しました。

 

 

これはちょっと前に読者の方とスカイプしてた時に

僕が言うた言葉なんですけども。。。

 

今日は水平線についてお話していきます。

 

先に言うときますけど、

タイトルを見て勘違いして欲しくないのは、

レジに向かってロング

サポに向かってショート

を撃て!!  って意味ではないですよ(>_<)

 

 

 

FXで大事なのはレジスタンスとサポート

それはこないだの記事でも書きましたね。

 

で、レジスタンスとサポートに特化してFXを解説するならば、

 

①サポからロング

②レジからショート

③レジを抜けたらロング

④サポを抜けたらショート

 

基本はこの4種類で説明がつきます。

 

 

確かにこれはすべて正解で間違っていません。

 

どれが簡単でどれが難しいと思いますか?

 

負けてる人の特徴としては、

①と②に重きを置いている人が多いのでは?

って感じます。

 

 

こういうエントリーですね。

 

20131113-長期のサポートでバチン

 

 

そのレジサポ、抜けるか抜けないかなんて分からないですし、

短期的にぐいぐい下がってきてる相場で

長期のサポートがあるからって理由だけでバチンとロング。

 

そのエントリーはただの当て物に近いです。

 

ちゃんと下げ止まりを確認しましょうね(>_<)

 

Bまで下がる可能性だってありますし、

最悪、Cまで落ちても文句は言えません。

 

 

 

逆張りで反応を取りにいって

pipを貰うためのエントリーであればいいのですが、

負けてる人ほど、グイグイ上がるイメージを持ってるんじゃないですかね??

 

長期のサポートだから、陽線続きでグイグイと・・・・

言うときますけど、普通はV字でなんて上がりませんよ(´・ω・`)

 

直近の流れに対しての売りチームとの攻防もあるわけですから、

例え結果そこが長期の押し目になったとしても、

揉み合う事が予想されます。

 

その攻防に決着がつかない限りは上がりませんので

その揉み合いを抜けるまでの忍耐が必要です。

 

その間は取引ツール上の含み益が増えたり減ったり。。

取ったレートによっては含み損になったり。。

 

見てたらストレス貯まります(>_<)

 

どうなれば上がるのかですが、

ようするに、短期トレンド売りチームが諦めて

ロスカットをしてから上がるんです

 

 

 

また、さっきは反応だけを貰うエントリーならOKと書きましたが、

反応だけを貰うエントリーは利確が難しいですし、欲張ると負けます。

初心者のうちはやらん方がいいかなって僕は思います。

 

僕はトレンドに乗れなかった時とか、

悔し紛れにやっちゃう時もたまにはありますけど、

基本はやらないようにしています。

 

 

 

FXにおいて背景と事実って言葉があります。

聞い事ある人も多いのではないでしょうか?

 

今回のバチンエントリーは背景しか伴っていません。 

長期のサポートなので上がる可能性があるという背景。

 

じゃー、事実は???

 

短期のトレンドは???

 

ほとんど答言うちゃいましたけど、

今日はここまでにして、

次回、③と④について説明していきますので、

それまでに、事実って何なのか、考えてみてください。

 

 

それではノシ

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2013/11/13 17:07 ] テクニカル | TB(-) | CM(-)