水平線は抜ける為のもの!? ③

 





こんばんは、つかさです。

 

ちょっと前になりますが、

 

『中島みゆき、夜会2/2劇場版』を見に行ってきました。

 

20131123-夜会

 

ぶっちゃけ言うと、

 

おっきい画面でDVDを見てるだけって感じだったんで、

今度は生の舞台を見てみたいなって思いました。

 

初めて僕が彼女の音楽に触れたのは

確か、小学校の5年生だったと思います。

 

少年の僕には歌詞の意味とかは理解できなかったんですが、

なんか分からんけど、すげー感動したのを覚えています。

 

当時は世間一般に彼女のイメージは

今とは少し違って、暗い

どこまでも暗い失恋歌の女王

 

それを一人で聴く小学生

 

そら今思っても異様な光景ですw

周りの友人からはけっこういじられましたね(>_<)

 

それから20数年、ずっとファンやってますw

 

トレード中もよく中島みゆき聴いてますw

 

けど、周りにファン友達が皆無なのが寂しいです。

誰か一緒にコンサートとか行ってくれへんかいな(・´з`)

 

 

 

 

さてさてFX行きます。

 

まずは前回の復習から。

 

抜けた方についていけ!!

 

でしたね。

 

前回使った図がこちら。

(見にくかったんで色だけ変えました)

 

20131123-短期転換3-3

 

 

長期サポという背景に対して、

短期のレジ抜けたという事実に、

ついていけ!!

 

って事なんですが、

 

前回最後にちらっと

水色の水平線とピンクの水平線、

全く同じだよって書きましたが

どういう意味か分かりましたか?

 

今日はその辺りについてもう少し掘り下げて説明していきますね。

 

 

 

何分足でもいいんですか、便宜上、

大きい波が1時間足、小さい波が5分足としましょうか。

 

この時、1時間足の波に乗りたいわけですが、

精度の高いエントリーをしたいので

5分足を使いタイミングを計ります。

 

すなわち、

背景=1時間足

事実=5分足

 

ここまではいつも言ってる事なのでOKですよね。

 

 

 

じゃー、もっと大きい時間足を付け加えると、、、

 

20131123-大きい足での3-3

 

 

(複数足を1枚の図にしちゃったんで、

  見にくいと思います。 拡大して見てくださいね)

 

 

便宜上、

緑の波を日足としましょうか。

 

この時、

日足の波に乗るためには、

1時間足でタイミングを計ります。

 

(本来ならば、さらにもっと短期に落とし込みたいところですが・・・)

 

すなわち、

背景=日足

事実=1時間足

 

これが複数足の考え方なわけですが。。。

 

波のサイズが違うだけで、

水平線の意味合いは全く一緒なの解りますか??

 

 

日足の波では、赤の水平線を抜けて戻って押し目買い。

 

1時間足では、青の水平線を抜けて戻って押し目買い。

 

5分足の波では、ピンクの水平線を抜けて戻って押し目買い。

 

 

波のサイズが違うだけでやってる事は一緒ですね。

 

 

 

この時の注意点として、

 

背景を伴わずに事実だけに従ったトレードは止めた方がいいです。

 

ひたすら短期についていくだけでも

利益を得る事はできなくもないですが、

短期に振られる大きな原因にもなります。

 

上だーー!!  下だーー!!

ってロスカットの山を作って、

後から考えると訳の分からんトレードしていた・・・orz

って事になっちゃいますよ('A`)

 

ですので、背景と事実はワンセット

で考えましょう。

 

 

 

それではノシ

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2013/11/23 17:38 ] テクニカル | TB(-) | CM(-)