大事なんです、テクニカル ②

 

ちくしょーー!!

雇用統計でチャートが止まりやがった(×_×)




こんにちは。 つかさです。 


事件です!!!

 

歯が折れました(>_<)

 

晩ご飯を食べてたら口の中に違和感。

 

ん? 米に石でも混じってたかな?

ん? これ、歯ちゃうん?

 

鏡を見ると、歯が半分くらい欠けていました。

 

痛みは全くないから、

とりあえずまた歯医者行かなな・・・くらいでした。

 

そして翌日の晩ご飯。

また口の中に違和感。

 

残りの半分も欠けてしまいました(;゚ロ゚)

 

不思議な事に、痛みは全くなかったけど、

さすがに焦って、

次の日、速攻で歯医者さん行きました。

 

表面は綺麗やったけど、

気付かないうちに、歯の奥の方で虫歯が進行していて

脆くなってたみたいです(。・_)

 

歯一本、10万円成...

 

前歯以外のの義歯は保険では銀歯になるらしく、

白い歯にするのなら、自費治療らしい。(ノД`)

 

 

 

 

はい、それではFX

 

前回の記事で、テクニカルを学ぶ上で

押さえるべきポイントを書きました。

 

・各時間足の相関関係

 (複数足を使った環境認識)

 

・明確な基準を持ってトレードする事。

 

・ここを超えたらあきらめる。

(ロスカット基準)

 

・攻めるべき方向。

(目線の固定)

 

・ここを越えたら目線を切り替える。

(目線の切り替え)

 

・ここに到達したらいったんトレードを終了。

(目標の達成)

 

でしたね。

 

 

 

これからそれぞれに見ていくわけですが、

 

上から順番にって思ったんですけど、

複数足の話は次回以降にするとして、、

 

今日はまず、基準について!!

 

 

パソコンからブログのトップページを見てもらうと、

↑↑↑のメッセージのところにも

 

相場で必要なのは絶対的な自分の「基準」

 

って書いてますね。

 

 

それは、

 

目線の話であったり、

ロスカットの話であったり、

エントリーの話であったり、

 

それぞれに基準が必要だという事です!!

 

 

もちろん裁量トレードなんで、

すべてを型にはめる事はできません。

 

その時その時の相場に応じて

臨機応変に対応していく力が必要なんですが、

 

それは基準があってこそ!

 

基準があってこその応用です。

 

基準の無い裁量トレードは

ただの当て物と一緒です(;・∀・)

 

 

例えば今、

ロング優勢なのか、ショート優勢なのか。。

 

何を基準に決めてますか??

 

なんとなく上がりそうだから、ロング?

なんとなく下がりそうだから、ショート?

 

例えば

もうそろそろ上げ止まる気がするから、

転換狙いのショート?

 

こんだけ上がったんだから、そろそろ上げ止まるだろう・・・・

 

何を根拠に??

そんなのはただの希望的観測に過ぎません(。・ω・。)

 

 

なんとなくや、そろそろではダメです

その、フィーリングや値頃感を徹底的に潰しましょう

 

人に説明できるようになりましょう。

 

というのは、

人に説明するためには理由が必要なわけで、

理由を説明するためには基準が必要なわけで、、。

 

逆に言うと、

人に説明できないトレードは、

あきまへん!!!

 

こうこうこういう理由でエントリーしました。

 

って人に言えるトレードをしましょう。

 

 

 

誰かと一緒にトレードしている人は、

エントリー理由をトレード仲間に説明してみるのも

いいでしょうし、

 

トレードノートをつけてる人は、

エントリーした理由を横に書いてみるのもいいと思います。

 

曖昧なトレードはやめて、

基準に従い、

人に説明できるトレードを心がけていきましょう。

 

 

それでは ノシ

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2014/01/12 14:22 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)