実践的な考え方 Vol.4





みなさん、こんにちわ^^DRAGONです。

無事に長崎から帰ってきました☆

ざっくりいうと、

1日目⇒ランタンフェスティバル
2日目⇒ハウステンボス
3日目⇒ハウステンボス

でしたwww

1日目のランタンはあいにくの大雨でした(*TーT)b

それでも読者さんに教えてもらったちゃんぽんの「康楽」という店にいったり、

ランタンをひたすら写真とったりして楽しめました☆

まぁ、宿に帰ったらずぶ濡れでしたがwww

2日目も雨を覚悟してたんですが、この日は1日持ちこたえてくれました\(*´▽`*)/

ハウステンボスは初めて行ったのですが、

今やってるイルミネーションがハンパなく綺麗でしたね♪

これだけでも長崎に来てよかったな~と思いました☆

P1010844.jpg

P1010858.jpg

P1010865.jpg

あと、ワンピース好きの僕はサニー号に乗れたというのも、

かなりハイテンションにしてくれましたね☆

P1010800.jpg


写真は100枚以上撮ったんでもっと紹介したいのですが、

きりがなくなるのでやめておきますww

とにかく楽しかったです☆


情報をいただいた読者の方にはほんとに感謝しています(-人-)

***********************************************************************

ではでは本題へ^^

前回の最後に”1発目”についてお話ししていくと書きましたが、

その通り今日はそれについて話していきたいと思いますww


まず”1発目”という用語ですが、

もちろんFX用語ではなく勝手にそう呼んでいるものです(*ノωノ)


意味としてはほんとにそのままで、

抜けた後の最初の戻り、

つまり抜けた後すぐの押しや戻りを狙うという意味です(o^-')b


ではなぜこれをするのかというと、

大きなレジサポを抜けた場合、

当然その次のレジサポを狙いにいくのはおわかりだと思います。


そして、前回までのお話しで、

「あ、抜けたな!どんどんいくな・・・」

といった状態の中でAのラインまで戻って来ないような勢いと感じた場合、

Aラインとは下図ですが、この話は前回まででお話ししているので、

よければ見直して下さいね^^

20140110_1_20140117204854d10.jpg


その場合、下位足の初めの戻りで積極的にエントリーしていくのが、

”1発目”です。


ただし、その場合でも下位足で戻りを待ちます。

経験的に「絶対行くな」と思った場合などは飛び乗りもありですが、

これはほんとにうまい人でないとお薦めしません。


なぜかというと、ボラがある場合など、

もしもその飛び乗った場面で1分などが少し戻しにきただけで、

損失は大きくなるからです。


なので、最低でも1分足の戻りは待ってもらいたいと思います^^

積極的に行くとしても最低限のリスク回避はしましょう^^


そして、この”1発目”で重要な事は、

抜けた勢いでつけたレートまでは最低行くだろう、

さらにそれも更新して目標に向かうだろうということ
です。


そして次にこの”1発目”各時間足に存在するという事です。


例えば、抜けた勢いでそのまま次の目標まで行ってしまった場合は、

当然この”1発目”は発動できません。


このような場合ですね。

前回まで上昇での説明だったので、今日は下落でいきますww

20140205_1.jpg


こうなってしまった場合は、

「あーあ、いっちゃった(TωT)」

といって諦めましょうww


次に、”1発目”は各時間足に存在するという事について、

これはイメージ湧きますかね??


例えば先ほどの図が1時間足のものだとしましょう。

つまり、抜けた後に数本の陰線で一気に目標到達したと考えた場合、

この場合でも、15分足の1発目は入れていたかもしれないし、

15分でも陰線の連続だった場合でも、

5分足の1発目なら入れたかもしれません。

5分足⇒1分足でも同様です。


ようするに”1発目”を狙う場合、

最小時間足である1分足から順番にそのチャンスは訪れるという事です。


もちろん、”1発目”を狙ったのに、

しっかりした押しや戻り候補まで来るという場合もあります。


15分足でここまで戻ってほしいけど、

1分足で”1発目”を狙った⇒15分足の押し目まで来た

といった場合ですかね。


図で表すとこのような感じです。

20140205_2.jpg


この時にそのまま1分足でもどんどん下げてくれればもちろん万万歳ですが、

15分足でいえばピンクのラインまで戻っても全然おかしくありません。


これを想定して、

「このボラで考えると、1分足の”1発目”でとりあえずいくか。もしピンクまで戻るなら、ナンピンしよう。」

とか戦略もたてることが出来ます(-ω☆)


当然勢いがあると思ってのエントリーですから、

1分足でいっちゃえってかなり思ってますけどねwww


これはいつもいうようにどの時間足の関係でも同様の考えが出来ます。


前回までのお話のように、

上図が1時間足として、ピンクのラインまでいかずに15分足以下でどんどんいっても、

その次に15分で来てほしい場所、5分で来てほしい場所、1分できてほしい場所

がでてきます。


それらの中でどこかをとらえる事が出来れば上位足で急上昇、急落の場面でも対応できます(o^-')b


繰り返しになりますが、

この”1発目”を使うのは、あくまでも、

・上位足でどこかのポイントを抜けて勢いのある場面、

・次の目標まで到達していない状態


ということを意識下さい^^


次回以降実際のチャートを使ってみていこうかと思います(-ω☆)


それでは、また('-^*)/

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2014/02/05 15:00 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)