トレンドフォロー⑤ ~押し目買い・戻り売り~


こんばんは。つかさです。

 

今回する話は押し目の拾い方です。

ふぅ~。ようやくここまで来ました。

 

前回までの記事はこちらのページからどうぞ。

 

まだの読んでない方は先に読んでくださいねー。

 

 

 

さて、押し目を拾う上で重要になってくるのが、レジスタンスやサポートって言葉です。

 

一応教科書通りの説明をしておきますと、

下値を支持されるのがサポートラインで、

上値を抑えられるのがレジスタンスラインになります。

 

上昇の場合は、押し目探し。

即ちサポートラインまで戻ってきたら買えばいいですし、

 

下降の場合は、戻り目探し。

即ちレジスタンスラインまで戻ってきたら売ればいいわけです。

 

ここでも待つのが仕事になるわけです。

しっかりと波で戻ってくるのを待たなきゃ駄目です。

 

 

そういや昔、さとるさんは、

「レンジブレイクしたらお風呂入ってきてくださいw」ってな教え方してましたね。 

押し目までそれくらいの時間がかかるって事ですね。

『うまい事言うよね~w』 って思ってました。

 

 

ここからは上昇トレンドで話します。 下降は逆に考えてもらえればOKです。

 

レンジをブレイクして、上昇トレンドが発生しました。

ここでやらなければいけない事は、押し目候補を探す事です。

すなわち、サポート探しですね。

そのサポートが【基準】になるわけです。

 

参考までに僕の基準は短期水平線や移動平均線などです。

 

と、この基準についての話はDRAGONさんが書いてくれてますので、

そちらも併せてご覧いただくと分かりやすいかと思います。

 

で、その基準までまで下がってきたら

その基準をサポートにして買えばいいわけです。

 

トレンドフォローっていうのは、

上がっているロウソク足をフォローするのではなく、

サポートラインまで下がって来てから、波をフォローするという意味です。

 

その波のなるべく底から買う事が大切です。

 

 

 

 

このチャートは前回の記事の飛び乗りエントリーの続きになります。

 

 

 

緑の短期水平線がサポートとして機能しているのが分かりますか?

そこでロウソク足が下げ止まっているのが分かりますか?

そこで下げ止まったのを確認してから買えばいいわけです。

 

そこが押し目となり、思惑通り上昇していけば、

結果的に波の一番安いところから買え、トレンドが継続する限り、

買ったところまでは戻って来る事はないので保有も楽になります。

 

その後のチャートがこちら。

 

 

これが押し目買いというやつです。

 

今回は短期水平線を基準として説明しましたが、

その基準が移動平均線の場合もありますし、トレンドラインの場合もあります。

 

基準は1つだけよりも複数重なる方が強いです。

 

たとえば水平線とトレンドラインが重なるところや

水平線と移動平均線が重なるところでエントリーすれば、

1つの基準でエントリーするよりも勝率はグンと上がります。

 

その基準までレートが来た時に、下げ止まったのをしっかり確認した後、

エントリーをしていけばいいだけです。

 

ただ、いくら下げ止まったのを確認してエントリーしたとしても、

その後に基準を下抜けてしまう事もあります。

もちろん基準を抜ければロスカットになってしまうわけですが、

基準がハッキリしてるので、大きなロスカットにはなりません。

 

わけのわからないところで感情に任せてエントリーすれば、

基準がないので、ロスカット位置も明確ではありません。

ですので大きな損失を出す原因にも繋がります。

 

 

いかがでしょう?

押し目買い、戻り売りはお解りいただけたでしょうか?

きちんと基準まで戻って来るのを待ってそこで買えば、

トレンドに上手に乗る事ができます。

 

もし今勝ててない方がいるなら、

まずはトレンドフォローから始める事を強くお勧めします。

 

 

というわけで、長々と書いてきましたが、

今回でトレンドフォローは最終回となります。

 

ご清聴ありがとうございました~(´∀`*)ノシ 

 

 

おしまい

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2012/10/26 18:21 ] テクニカル | TB(-) | CM(-)