抜けやすい値と抜けにくい値 其の①

ども、ためためです

たくさんの応援&動画アクセスありがとうございます~
感謝のメッセージや質問も多く頂いていて、
時間の許す限り返信していきたいと思ってます
似たような質問も多いので
それに関してはブログの中で記事にしていこうかな~ って思ってます(*^o^*)



さて
前回の動画の内容は
どこを抜けたら押し目買い・戻り売りをするのか
って話しでした

「高値・安値切り上がって上昇トレンド中やから
とりあえず押し目買いやヽ(`Д´)ノ」

・・・別に間違いじゃないけど
これやとトレンドが終わるところでINしてしまったり
いつまでたっても相場を観る目が養われないです

 どこを抜けたら、その事実によって大きくトレンドが発生しそうなのか

 売り手と買い手が今どの値で攻防しているのか
 そしてその決着が着けばトレンドが発生しやすい
 

これを意識してチャートを観ると、
だいぶチャートの見え方が変わってきます



やからまずチャートを観たら、
現在の状態を把握しなければなりません
 トレンド中なのかレンジ中なのか
   ①トレンドなら目標はどこなのか
    上昇トレンドなら、その目標に向かうまでにどこを下抜けたらダメなのか       
   ②レンジならどこを抜けたらトレンドが発生しそうなのか
    それを上下2本用意しておく

常にこれを考えて目線を固定しトレンドフォローしていく事が大事です

もちろん相場を支配する事はできないし、狙い通りに動かない事もあります
が、これを繰り返していくうちに
どの値が現在一番大事なのか というのが解ってきます
そしてその精度も上がっていきます




そうして大事な値が解ってくると今度はですね、
 抜けやすい値 と 抜けにくい値 が解ってきます

言い換えれば
 抜けてもいい値 と 抜けたらダメな値 です


下の図を見て下さい
$We Love FX ~GT5「勝ち組5人」のFXブログ~

押し安値・戻り高値を使ったダウで目線を固定すると
 (目線の固定の話しはDRAGON君が書いてくれてるので
  こちら を参照して下さい。読んでない方必読(*^o^*))

Aの押し安値をBで下抜けてきたので
目線を下に切り替えたものの、
そのまま高値を更新していってます

よくありますよね?w
では何故この現象が起こるのか って話しをしていこうと思います




長くなるので
とりあえず今日はここまでなんですが、
この辺の事が解ってくると、今まで
「もうちょっとで勝てそうなんやけどな~」
ってモヤモヤっとしてた人が一気に覚醒する事も多いです

このブログのおかげで劇的before afterしたという
感謝のメッセージも既にたくさん頂いてます

色んなインジや手法をこねくり回したところで
調子がいい時があったり悪かったり・・・
で、悪くなったらまた別のインジや手法を探す(´・ω・`)

相場の本質に近づいていこうとしなければ
いつまでもこの無限ループの輪の中ですw

やからまずは縦軸!
で、その補助としてインジを使う!
勝てる人はどんなインジを使っても勝てるというのはこういう事です

インジありきのトレードから縦軸ありきのトレードへ!



では今日はこれで終わりまーすo(*゚▽゚*)oオツカレサマー



【つづき】
  抜けやすい値と抜けにくい値 其の②
 


関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2012/10/29 18:35 ] 相場の本質 | TB(-) | CM(-)