自分の基準と考えを持つ Vol.5

みなさん、こんにちわDRAGONです^^

最近ほんとに暑くなってきましたね( ̄ω ̄;)

まだ夜なんかは窓を開けて入れば結構涼しいですが、

日中なんかは、

「クーラー入れたろかいな(`・ω・´)」

なんて思う時もあります。

さすがにこの時期のクーラーはないですがwww


ただ、ランニングの後とか、

風呂上がりはかなりクーラー欲がでてきます(*ノωノ)


この時期でこれなら真夏はどうなってしまうのか・・・


GWで出かける方も多いと思いますが、

暑さ+人混み

という不快指数MAXコンボで体調不良にならないように気をつけて下さいね(o^-')b

***********************************************************************

それでは本題へ^^

前回は基準を守れない人がしがちな失敗を書いてみたのですが、
いかがでしたでしょうか??

あてはまってしまった人も結構多いのではと思います( ´艸`)

今日も続いてありがちな失敗を書いてみたいと思います。


前回はせっかく目線を切り替えるためにゾーンを引いていたのに、

それを信用出来ずにどんどんずらしていく・・・

というものでした(ノ_-。)


今日はトレンドフォローに関するありがちな失敗です。


まずは自分の攻めたい方向が決まっているならば、

エントリーするために候補を挙げますよね^^


例えば自分の見ている波に対してこのように買いゾーンを見ていたとします。

20140430-1.jpg



当然戻りを待っている状態なので、

すぐに自分のゾーンに到達するわけではありませんし、

その時々の相場によっても変わってきます。


そしてこの”待つ”というのは案外難しいものです。


出来あがったチャートだけを見て、

「ここで入れた、見てたらここだな」

なんてことは誰でも出来ますが、

いざチャートを見ていると時間経過が必要になります。


それでは前回もでてきたQさんを例に挙げて見てみましょう。

先ほどの図のように押し目候補を絞ったQさん

「よし、ここが本命の押し目候補だな(*^m^*)」

この時点では冷静に相場を分析して基準に従うと決めています。


しかし、じっと待ってチャートを見ていると、

だんだんとじれったくなってきますwwww


で、ここからはあまり笑えないのですが、

次にこのQさん、何を始めたのでしょうか。


なかなか来ないもんだから、

より小さい時間足などで、エントリーをするための偽基準を探し出します。


偽基準というのは自分の本来の基準ではなく、

もっともらしいものを探してくるということです。

左を見てそれらしいものを見つけ出すのですww

なぜならエントリーしたいからww


先ほどの図をさらに小さな時間で見てみましょう。

20140430-2.jpg



青い買いゾーンで待つと決めていたはずなのに、

A、B、Cと次々にラインを引っ張ってはエントリーしようとしてみます(*TーT)b


そして少し反応しては、

「ほら、やっぱり早くいくやつだ!!」

そして、その後すぐに、

「あ、ちょっと下だったか」

そしてさらに・・・ということを繰り返します・・・


気付けばなんてことはない、

しっかりと青のゾーンまで到達していますヘ(゚¬゚)ノ~


ここで本命だったことをしっかり覚えていてしっかりとした戦略を立てればいいですが、

なぜか偽基準をいくつか突破されているので、

もう抜かれるという思いが頭によぎっています・・・


偽基準でのエントリーで損失を積み上げたので、

仮にしっかりとエントリー出来た場合でも、

強気の保有が出来ません(*TーT)b


それでもその損失分がチャラになったQさん


Qさん「さっきの負けを取り戻したな、助かった~」


しかし、冷静にその後見ているとしっかりと押し目が入っている状態・・・


こんなことを繰り返していては利益がなかなか残っていくはずもありません。


勘違いしてほしくないのは、

より小さい足でエントリーしてはいけないということではありません。


本命の青のゾーンに到達する前に上昇していくことだってあります。

しかし、それならば小さい時間足でもしっかりとした基準に従わなければいけません。

そしてそれが抜かれてもあくまでも本命は青のゾーンであると認識していなければなりません。


そもそもがその場合には、

青が基準足の本命押し目候補だけれど、

早く行くのを考慮して短期足のこの基準で一度入って見ようか、

まずは様子見としてこのいつもの半分の枚数で入れてみて、

本命まできたなら買い増ししてみよう、

または、短期の基準がだめなら一度撤退して、本命で入りなおそうか


など事前に戦略をしっかりと立てていなければダメです。


Qさんのように、

ここがダメなら次はここ、ここがダメなら次はここ

といったようなことをやればせっかくのチャンスを不意にしてしまいます。


後で見れば絶好の押し目や戻り売りの場面で、

損切り貧乏の末に微益や、なぜかかなりのマイナス(TωT)

なんて事はありませんか??


心当たりのある人は前回もいいましたが、

基準の遵守

を心に刻んで検証や経験を積んでいただければと思います(-ω☆)



それでは、また('-^*)/

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2014/05/01 09:34 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)