入門書の嘘と真実

11月になりましたね。

暖房は空気が乾燥するので、嫌いです(>_<)

 

なので、最近はモフアをかぶってトレードしています。

これがあると暖房いらずです♪

 

こんばんは。 つかさです。

 

FXを始めたきっかけは人それぞれだと思います。

昔、株をやっていて、それからFXを始められた方も多いのではないでしょうか?

 

株を直接取引できる時間帯は平日の朝9001130まで(前場)と

12301500まで(後場)と限られています。

 

(僕、株は全く分からないんで今調べたってのは内緒w)

 

ですので、日中仕事をされてる方にとっては取引しずらいですよね。

 

それと比べてFXは世界中がマーケットです。

為替相場は24時間眠らないわけです。

シドニー市場から始まり、東京、ロンドン、ニューヨークと地球を一回り。

そしてニューヨーク市場が閉まる頃にはシドニー市場が開きます。

 

世界中どこかの市場は開いていますので、土日以外は24時間取引できるというわけです。

ですので、お仕事が終わって帰宅してからでも、市場に参加する事ができます。

 

それがFXの魅力の一つじゃないんでしょうか??

 

と、僕が読んだ入門書に書いてありました。

何冊か読みましたが、たいてい同じような事が書いてありました。

 

ここで僕が思った事。

自分の空いた暇な時間にいつでもできて、

チャリンチャリンとお小遣い稼ぎができて、ウンマー(`・ω・´)

 

けどね、上手い話には裏があるんです♪

 

確かに、入門書に書いてあることは間違いではありませんし、

24時間取引ができます。

 

けれど、取引ができるのと、勝てるのとは全くの別問題です。

 

24時間エントリーし続けたら僕、確実に負ける自信があります。

日に100pip以上余裕で負けますね、きっとw

 

勝ってる人と負けてる人の違いって、

チャンスまで待てるかどうかだけです。

 

相場は確率論の世界なんで、

優位性のあるところだけで勝負すれば、

当然、勝つ事の方が多いわけだから、トータルで勝てます。

 

じゃー優位性って何って事ですけど、

上がる可能性が高いところでロング。

下がる可能性が高いところでショート。

 

これは即ち押し目買いと戻り売りです。

 

僕みたく1日中チャートを見ていたところで

ほんとの意味で大きく狙えるチャンスなんて、一日数回だけです。

あとは、短期足使ってちょこちょこスキャルもやったりはするわけですが、、

はっきり言ってスキャルは難しいです。

 

スキャルでコチョコチョやって、勝ったり負けたりして、

トータルの利益は少しw

残るのは疲労感w

 

そしてトレンドが発生して、いざ本番。

ワンショットで今までスキャルで稼いだトータル利益をを追い抜くという。

今まで何やってたんだろうって思ったりw

 

少なくとも今勝ててない人は、

優位性のあるところだけで勝負した方がいいかなと思います。

 

お仕事の都合で123時間しかチャートを見れないって方も

多くいると思いますが、

自分が見ている時にチャンスが来なかったらそれは仕方がない事と思いましょう。

 

チャンスでもないのに焦って入ると負けます。

無理にエントリーして損失を出すよりも、

「チャンスが来なかったからエントリーしませんでした。」

の方が、全然いいと思います。

 

「無理してエントリーして、損失を出さなくて良かった。」

って思いましょう。

 

また明日やればいいじゃないですか。

ね?

 

 

余談ですが、

 

24時間市場が開いているというのも考えもんで、

ほぼ専業でやってる僕にとっては、

いつまでもダラダラとチャートを見続けてしまうって事ですね。

多い時は15時間とか余裕で見てますしね。

うん、狂ってますねw

 

スパっと時間切ってやればいいんですけど、

見てない時にチャンスが来たら嫌だしって思って寝るギリギリまでやってます。

 

僕のお友達のトレーダーさんは平日はほとんど寝ず、

土日に寝溜めするらしいですw

 

不健康極まりないですねーw

 

 

では、また~☆

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2012/11/01 01:26 ] 相場の本質 | TB(-) | CM(-)