ダウ理論と帯 ②

※トライオート口座開設の帯レポートタイアップは終了しました!
申し込んでも入手出来ないのでお気を付け下さい。



こんにちは、つかさです。

 

今日は前置きなしでいきます(`・ω・´)

 

 

 

前回の続き。

 

ダウ理論だけでもいいけど、

帯の考え方と融合させた方がいいよねって

ところで終わってました。

 

 

僕たちはブログ開設当初から。

基本まずはトレンドフォローができるように

なってください。

 

って口を酸っぱくなるほど

言ってきましたけど、

 

その為には押し目を拾う必要がありますね。

 

まずは、ダウ理論のお話。

 

例えば、1時間~4時間レベルの上昇トレンドの

押し目を拾うって事は、

 

20140629-長期の押し目

 

 

これって、

短期逆張りなんわかります??

 

 

 

ピンク四角の部分を短期足で見てみると、

こんな感じ。

 

20140629-短期で見ると

 

 

5分足はダウ理論でいうと、

下降トレンドで突っ込んできてるわけ。

 

この時のエントリーポイントとしては、

5分足のダウ理論のみで考えた場合、

ショートが正解なわけ。

 

押し安値割れたから、教科書通りショート。

 

20140629-ショートが正解?

 

 

けど、複数足で考えた場合、どうなん?

って事を考えなくちゃいけません。

 

その次の想定される動きとして、

1時間の押し目に当たった後、バイーンと上がって、

逃げ遅れるとショートポジションは、

ロスカットされてまうわけですな。

 

このショート、初心者は、

別に無理してやらんでいいですし、

やるにしても、伸ばそうとしたら駄目なやつです。

 

 

ま、もっとも

一番上が何で止まってるのかが重要で

 

もし、明確なレジスタンスに当たって

落ちてきてるのなら、ショートが正解で、

転換の初動になる可能性だってあります。

 

ですが、とりあえず今はその話は置いておいて、

レジに当たってないものとして話を続けます。

 

 

ですのでこの場合、あくまでロングが本命

 

 

リスクを限定って意味では、下から決め打ちで

バチンでも間違いではないですが、

ピンポイントで一番下からエントリーするのは、

なかなか難しいので、

 

20140629-3の3

 

 

 

例えばこんな感じで

3の3を使ってロングをすればいいのかというと・・・

 

その通り!!

正解です!!!

 

ダウ理論33について詳しくは、

1弾のレポートに載ってます。

 


1弾レポート入手はこちらから

 

     ↓ ↓ ↓



外為ジャパン

FXトレーディングシステムズ

 

 

 

ダウ理論で考えた場合は、これで正解ですが、

それだけだと、33が失敗に終わる事って

経験ありませんか?

 

例えばこんな感じ(>_<)

 

20140629-3の3失敗

 

 

次回、なんでこんな事が起きるのか、
その理由を帯を使って書いていく予定ですが、

 

先日から告知してますように、

インヴァスト証券さんのトライオートとのタイアップが

明日までで終了になりますので、

 

・トライオートの使い方


・帯~基本編
 

 

のレポートが欲しい方はお早めにどうぞ^^

 

関連記事 → 帯レポート入手可能は今月いっぱい!

 

 

お申し込みはこちらから

 

    ↓ ↓ ↓



トライオート


ランキング参加中
こっちもポチっとしてもらえると、嬉しいです♪

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2014/06/29 11:28 ] テクニカル | TB(-) | CM(-)