ロスカットをコントロールする Vol.4

みなさん、こんにちわ^^DRAGONです。


前回のロスカットのお話なんですが自分なりに考えていただけたでしょうか?

ちなみにこちらの図でしたね^^

~前回より抜粋~

$We Love FX ~GT5「勝ち組5人」のFXブログ~

さて、このようにA~Dになっている場合、
みなさんはどのようにロスカットを考えてエントリーしますか?

①、②はそれぞれ押し目の候補になるレートです。
③は自分にとって目線が変わるレートです。


~ここまで~


それでは今日はこのそれぞれについてお話ししていきますね~

ではでは!まずは大前提のお話からです!

この4つの全ての図において共通していえることが一つあります。
これは誰がどう考えても同じにならないといけない根底の考え方ですが、

もちろん③のラインですね♪

③のラインは目線が変わるレートなので、
ここを抜ければ問答無用にスパっといっちゃって下さいねヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

余裕の数値は人それぞれですが、
このラインに対しては僕はタイトに1~3pipsくらいに設定しますかね。

イメージ的には下図のような感じです。

$We Love FX ~GT5「勝ち組5人」のFXブログ~

まぁ、数値はその時の相場の動きによって変わってくると思いますが、
あまりに抜けているのにそれを認めないでねばるのはダメですよね。

どちらにしても、

2pipsに決めてももしかしたら3pipsで戻ってくることもあるし、
3pipsに決めてももしかしたら4pipsで戻ってくることもあるし、
またその上も、その上も…といいだせばきりがありません。

ここは潔く自分で決めてしまう必要があります。
ロスカットされた後に戻っても諦めましょう。


こんな話をすると、

「じゃあ30pips我慢してもいいんですか?」

のようになかなかファンキーな質問もくるのですが、

そんなに基準から離れたのに自分の相場に対する目線が変わらないのなら、
元々その基準は自分にとって全く意味のないものだったといってるようなもんですね(笑)


それでは次に個別に見ていきましょう。

ここでもまずは共通することをいいますね。
これはとても大事なのでしっかりと頭に入れるようにして下さい。

”自分の基準では①~③のゾーンの間で
     押し目が入るであろうと考えていること”


ん?あたりまえじゃないの??
と思う方もいるかもしれないですが、
実際の相場においてこの考えが頭から飛んでいる人が多いのが事実です。

この図を見てもらえばわかるように、

$We Love FX ~GT5「勝ち組5人」のFXブログ~


・水色の枠内での押しが考えられる
(なぜなら①が一番早い押しの候補で③が最終ラインだから)
・その中で自分は①、②という2つの押し目候補を基準で判断した

ということです。

つまり大げさな話をすれば、
この4パターンにおいて、

「私の許容範囲は35pipsなので、①から入って③を抜けるまで耐えます!!」

という人がいるのならそれも間違いではありません。

(①~③のゾーンは最大30pips+③に対する余裕が数pips)

ただし…
それ以上の利益を見込める場所なのか?というのが大事ですけどね^^;

「いえ!私はこの場所からならば、見込みは100pipsはありますよ♪」
っていうなら全然耐えちゃって下さい(笑)

僕は絶対嫌ですけどwww


あれ?そういえばさっきのファンキーな人も30pipsでは????
という質問はなしですよ!

③から30pips耐えるのと、①から耐えるのでは全く違う話ですからね!!!
ここの違いがわかっていないとダメです。

逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ…

とやっていいのは③を抜けるまでだという事を是非わかって下さい(●´ω`●)ゞ


ここまでお話すれば、
後はどう4パターンで考えればいいのかおわかりだと思います!

え!?それでも説明が欲しいですか!!?


それでは、次回にそれぞれ話しますね^^
このシリーズの始めにいった許容範囲が10pipsの人でお話ししていきます!



それでは、また('-^*)/
関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2012/11/17 20:16 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)