帯からのトレードについて

こんにちは さとるです

咳が一向に治まりません><

咳って結構体力使いますよね。

ここ最近、一気に気温も下がり大掃除するのも嫌になってきました。

大掃除も今年中にやらなきゃいけないことも

まだまだあるので気合を入れて1週間頑張って

来年に向けてしっかり準備していきたいですね^^





今回も1通のメールを頂きましたので

私なりにお応えしていこうと思います。


【性別】
男性
【お名前】
田中
【お問い合わせ内容】
こんにちは、いつも有益な情報ありがとうございます

今回お聞きしたいことがあって、筆を執った次第です

最近皆さんのブログや動画を参考に帯を見よう見まねで引いてみてるのですが、ビックリするくらい
反応することが多くとても重宝しております
ただ、帯の先端?というのでしょうか、縁の辺りで反応してくれればそこを起点にトレードしやすいの
ですが、帯の中に深く入り込まれてしまうとどうしていいのかわからなくなってしまいます
例えば、売り帯の場合なら縁に近付いてきたら買いの利食いを行ったり、状況によってはそこから
逆張りしたりできるのですが、売り帯の中にズコズコ入ってこられると、どっちにいくかの判断があや
ふやになってしまい、結局見てるだけになるといった感じです

売り帯の中は上昇中でも売りが入ってきやすい状態なので、短期決済に徹するという認識で良いの
でしょうか
それとも売り帯を抜けるまでは買いは一切やらずに、売りで入れそうな時だけ入っていくという感じな
のでしょうか

お時間のある時にでもご教示頂けると有難く思います


それでは、失礼致します

【上記の内容をブログに掲載しても】
良い






田中さんですが

帯の先端ならトレードできるけど、

帯の中に入ってきた時はトレードできないと言われています。


結論から言いますと

帯ってそこが売られたり買われたりするポイントなんですね

先端は一番早いと思うポイントであり

一番深い所を抜けてきたら売り買いを一旦止める所なんです。


浅かろうが深かろうが帯まで差し込んできた時に

短期が転換したらエントリーするのが基本です。


また、自分のトレードの基準足の帯に差し掛かった時に

帯の幅がロスカットを許容出来る範囲にあるのであれば

短期が転換する前にエントリーしていけばいいですね。




また、一度反応したにも関わらず戻ってきてしまった時は

帯を抜けていく可能性も1回目の時よりは確率が高いので

様子見する方がいいと思います。


私達は帯び内に入ってきた時は帯に逆らう形でトレードすることもあります。

その場合は先ほど書いた2回目に差し込んできてる時になりますね。


そこでの注意点としては

田中さんも言われている通りで

帯を必ず抜けるという意識ではなく、いつ跳ね返されてもおかしくない状況なので

短期決済になるという事も頭に入れながらのトレードになっていきます。


今回も短めですが動画にしてみました。

動画の途中で咳こんだりして

耳障りな部分があるかと思いますが、それでもいいよって方だけ

閲覧してください。



それでゎ チャオ

動画閲覧はこちらから
  ↓ ↓ ↓ ↓



(IDとパスを入力してください^^)


IDはブログの右上にパスワードは人気ブログランキングに記載していますので
興味のある方は応援クリックのついでにご確認下さい('-'*)

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2014/12/20 15:15 ] 動画 | TB(-) | CM(-)