【FX】状況の変化に伴う想定と戦略 Vol.1




こんにちは☆DRAGONです^^

先日3日間東京にいってました^^

といっても完全プライベートの遊びですがww


初日はライブで、(まぁ、これがメインなんですが(*ノωノ))

残りは東京にいる先輩・後輩・友人と食事をしました☆


前にもいいましたが、僕は大阪出身なんですが、

大学から大阪を離れていたので、東京の方が知人が多いんです(o・ω・o)


大阪に帰ってきて、もちろん住みやすさや土地に対する親近感はかなりですが、

やはり、近くに友人が多い東京も捨てがたいですねww


まぁ、今すぐにではないですが、

また東京に住みたくなるかもしれないですね(*^m^*)


その時は関東圏の方よろしくお願いします\(*´▽`*)/

***********************************************************************

動画はさらにわかりやすくておかげで成績が伸びてきた!!

というメッセージもたくさんいただいています\(*´▽`*)/

動画閲覧はこちらから
(IDとパスを入力してください^^)


IDはブログの右上に、パスワードは人気ブログランキングに記載していますので
興味のある方は応援クリックのついでにご確認下さい('-'*)



***********************************************************************

◆これまでの僕の過去記事はコチラからも読めます◆
  
  ⇒DRAGONのページ


それでは本題へ^^

今日から書こうと思っているシリーズ”状況の変化に伴う想定と戦略”は、

相場における色々な状況に置いて、それぞれの場面でどのような想定がたてられるのか?

また、それらの場合における戦略は?

といった事を、

長期の流れに伴って書いていきたいと思っています。


いうのは簡単ですが、多分書き出すと色々なケースがあるだろうし、

それに対して想定すべき事もたくさんあると思います。


多分かなり長期化するとは思いますが、

このシリーズを振り返ったらレポート1冊出来るくらいにはなってればいいですね(*ノωノ)


流れとしては、

長期での優位性発生
  ↓
長期目標到達途中
  ↓
長期目標到達
  ↓
(長期転換or再度優位性発生)
  ↓
……


で行きたいと思います。

これだけ聞くと、「なんや、3パターンか(○゚ε゚○)」

ってな感じですが、


その中に短期足があって、

さらに、トレンド発生・レンジ・ダウ崩壊・転換などがあります。


大きく分ければ先ほどの3つになりますが、

さらに細かい分類をしていくとなると、自分でも現状どのくらいのケースになるかわかりませんww


ただ、これらは相場で絶えず流れとして起きている事なので、

このシリーズが完結した時には、

「今の相場はどこにいるんだろうか?」

そして、

「それなら自分はこの想定のもと、この戦略をとっていこうかな」

といったように判断出来るようなものになればいいですね^^


とはいっても、途中で気分を変えて違う事を挟んだりもするかと思いますがww


なにせこのシリーズは自分の中での大きなものにしたいなと考えています(-ω☆)



では、まず初めに、

長期優位性発生についていきます(o^-')b


今回は全て上昇局面でのお話しになりますが、下落の場合はこれの逆で考えて下さい^^

優位性が発生する状況というのは、僕達の帯でいうところの

”売りの節目である売り帯を上に抜いてきた”状況ですよね。


最近僕達のブログを見だした方や、これから真剣に勉強しようという方は帯についての基本がまだわからないと思いますので、

レポートで勉強してもらえればと思います^^

obi-004_20140904132201f4f.png


We Love FX GT5帯~基本編~


ではその優位性発生の状況を一番単純な図で表すと、

20150210-1.jpg


このような感じですよね^^


ではこの売り帯を上に抜けたといってもいくつかの事が想定されます。

それは、まず初めにどの程度の勢いでどのくらい抜けたのか?

ということです。


つまり、C⇒Dの波が

Ⅰ:ほんの気持ち抜けた程度(髭や実態の判断)

Ⅱ:自分の感覚でしっかりと抜けている

Ⅲ:かなりの勢いで抜けてそのまま大きく乖離している



といった3ケースが想定されます。


さらに、そこに至るまでのB⇒C⇒Dのチャート形成によって、

次に引く事になる買い帯も違ってきます(・ω・)b


またこれから詳しく書いていくと思いますが、

少しだけ言うと、B⇒Cの動きというのは、売り帯からの売りが入ってきている状態ですよね。

これが相場によっては必ずしも売り帯から売りがあまり入らない事もありますし、

まるで売り帯なんてなかったかのように一気に抜ける事だってあります。


もちろん長期優位性発生なので、

ロングを狙う事になるのですが、

それぞれのケースにおいて、短期のチャート形成によって戦略も変わってきます。


いかがでしょう?

これらを考えていくと、

初めにお話しした長期3パターンが細かく見るためにはかなりのケースを考えなければいけないとおわかりいただけるかと思います(-ω☆)


次回以降出来るだけ丁寧に順番に見て行きたいと思います。

みなさんもこれを機に自分ならどのような動きの時にどのような戦略をたてているのか、

また、どれくらいの想定をもって相場に挑んでいるのかを再確認してみるのもいいですね(*^m^*)


それでは、また('-^*)/


***********************************************************************

動画はさらにわかりやすくておかげで成績が伸びてきた!!

というメッセージもたくさんいただいています\(*´▽`*)/

動画閲覧はこちらから
(IDとパスを入力してください^^)


IDはブログの右上に、パスワードは人気ブログランキングに記載していますので
興味のある方は応援クリックのついでにご確認下さい('-'*)



***********************************************************************
関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2015/02/14 15:53 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)