【FX】状況の変化に伴う想定と戦略 Vol.3



こんにちは☆DRAGONです^^

先日奈良県にある”みつば”というラーメン屋にいってきました。

テレビでもやっていてこれは美味しそう!と思って即行ったのですが…

開店は11時ということで、平日だし余裕だろうという事で11時に富雄駅という場所に到着。

ちなみにこの富雄駅まで電車で1時間です(ノ_-。)

徒歩5分ということでウキウキで歩いていくと、

何やら突然人の群れが…

まさかと思いつつも間違いないだろうと思い並ぶ覚悟は決めました。

案の定”みつば”さんの行列だったので、

最後尾に並んでいた女子高生の後ろへ。

その時、その女子高生が申し訳なさそうに、

「すいません、これ・・・」

といって紙切れを見せてきました。

「ん?」と思って見てみると、

”本日はこの方が最後になります。申し訳ありません”

的な文章が(゚○゚)!

そういえば来る途中何組かの人が逆行していたような…

あれは諦めて帰った人たちだったのか!!!

せっかく1時間かけてきたのに…

某サイトでも400件近くの評価で4.2もあるし絶対リベンジを誓いました(○゚ε゚○)

もしここ行った事あるよって方は感想聞かせて下さい(*ノωノ)

***********************************************************************

動画はさらにわかりやすくておかげで成績が伸びてきた!!

というメッセージもたくさんいただいています\(*´▽`*)/

動画閲覧はこちらから
(IDとパスを入力してください^^)


IDはブログの右上に、パスワードは人気ブログランキングに記載していますので
興味のある方は応援クリックのついでにご確認下さい('-'*)



***********************************************************************

◆これまでの僕の過去記事はコチラからも読めます◆
  
  ⇒DRAGONのページ

◆帯の基礎がわからないかたはこちらのレポートで勉強して下さい^^◆

obi-004_20140904132201f4f.png


We Love FX GT5帯~基本編~



それでは本題へ^^

現在”状況の変化に伴う想定と戦略”というシリーズの中で、


長期での優位性発生
  ↓
長期目標到達途中
  ↓
長期目標到達
  ↓
(長期転換or再度優位性発生)
  ↓
……


という流れにおける、長期での優位性発生について書いています^^

その中で前回、一体どのような抜け方をしているのか?を意識して下さいといいました。

つまり、”どのように帯を突破したのか”

売り帯に対して次の買い帯はどのように形成されるのか?

ですね^^


そのパターンとして下図の2つがあります。

20150226-1.jpg


では、今まさにこのような2つの状況の中で、

青○の場所を見ていたとしましょう。

これまでの3パターンでいうところのⅠ:ほんの気持ち抜けた程度の部分です(o^-')b


この時の心境としては、

「抜けそうかな?抜けそうだぞ(-ω☆)だとしたら大きな上昇が発生するかも…」

「いや、少し抜けたな。これは抜けたよな?」

「このまま置いていかれたらいやだな。どうしようかな(*´ェ`*)」

なんてところでしょうかww


実際に売り帯を抜いたのかどうかという事に関しては、

例えば、髭で戻ってきたから抜けてない…

とか、いや1pipsでも抜けたから抜けたんだ(o・ω・o)

とか、人によっては判断の違うところでもあります。


ぶっちゃけていうと、

自分がしっかりと抜けたと思うまで待てばいいかな(-人-)

つまり、Ⅱ:自分の感覚でしっかりと抜けている

状況までしっかりと形成を見守ればいいかと思いますがw


ただ、この抜ける瞬間の場面というのは、

確かに大きく動くことも多いですし、

その動きを狙ってスキャルをしていく手法もあります。


要するに”飛び乗りの選択をするのかどうか?”ってことですね(*^m^*)

もちろんこれはダメな事ではないですし、僕もやったりもしますが、

この時にでもしっかりと事前に戦略を考えておきたいですね☆


先ほどの図の1つ目の青○での飛び乗りの場合、

”C⇒Dに対しての波の続きを短期で狙っている状態”になります。


飛び乗りをする場合にまず起こってほしい事といえば、

入ったポジションが即利益になって、さらにそのまま続伸して欲しい

って事ですよね?


もちろん、そうなればオッケーですし、なんの問題もありません。


問題はこれがそうならなかった場合です(`・ω・´)

飛び乗った瞬間に逆行してマイナスゾーンに突入、

慌ててロスカットしたら、その後再び反転上昇していっちゃった…

なんてことありませんか?


もちろんそうなっても文句はいえませんし、

相場で高値・安値を更新した事実をつけた直後に押し目や戻りまで返してくる

なんてこともよくある事です。


1つ目の図でこれが起こったとすれば、

飛び乗った場所から、青の買い帯まで戻す可能性もでてきます。

こうなったらもしも耐えたとしてもかなりの含み損を抱える事になります。


この含み損はかなり精神的にもきついですよねww

こんなことを繰り返していると胃がやられてしまいますw


これでしっかりと買い帯で反転上昇すればまだいいですが、

もしも先ほどの上抜けがだましなんてことになればそのダメージはかなりのものです(ノ_-。)

こうなればもはや胃だけでなく心臓までやられますwww


つまり、1つ目の図で飛び乗りをした場合、

飛び乗り⇒逆行⇒買い帯抜けるまで保有

というのは戦略としてお薦め出来ません(*ノωノ)


この場合の飛び乗り後の動きが想定外のものであれば潔くロスカットして、

その後の動きに備える方がいいかと思います。


もしも、買い帯まで来る前に基準のない場所で反転上昇なんてことになれば、

「持っとけばよかったー(*TーT)b」

なるかもしれないですが、こんな事を身体に覚えさせると、

この先ずっと飛び乗り⇒逆行⇒買い帯抜けるまで保有をするようになって、

結果、資産を減らす可能性が上がってしまいます(TωT)


これが徹底出来ないようであればこの状況での

”飛び乗り”という武器はいますぐ抹消してもいいのではないでしょうか(`・ω・´)ゞ


では、これに対して、2つ目の図ならばどうかというと、

かならずしも保有が悪いという事ではなくなります(*ノωノ)


まさに状況によって飛び乗りに対する戦略も変化するのですが、

これを次回に書きたいと思います^^


それでは、また('-^*)/


***********************************************************************

動画はさらにわかりやすくておかげで成績が伸びてきた!!

というメッセージもたくさんいただいています\(*´▽`*)/

動画閲覧はこちらから
(IDとパスを入力してください^^)


IDはブログの右上に、パスワードは人気ブログランキングに記載していますので
興味のある方は応援クリックのついでにご確認下さい('-'*)


***********************************************************************
関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2015/02/26 16:44 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)