敗因の究明 ⑫ 相場の転換

こっちも応援お願いします♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ 



こんにちは、つかさです。

 

怒濤の3日間が過ぎました。

 

なんぼ寝ても躰がだるい

 

まだ疲れが取れてないです。

 

 

睡眠不足で3日間も遊ぶとか

どうかしてるぜ!!

 

もうみんな30代半ばのオッサンなんだから(゚Д゚;)

 

 

この前のd-sk氏のブログおもろかったです。

身内にしか分からないネタかもやけど、

個人的にはこんなん毎日書いて欲しいですw

 

 

その噂の

魚なんていないんだから!!

のおっちゃん。

 

文章だけだとおもしろさが半分くらいしか

伝わらんのが残念。

 

動画でお届けしたいです。

 

中川家 礼二の

町工場のオッサンの物まねあるでしょ!?

 

まさしくその口調でしたw

 

 

 

「おっちゃん、車って堤防沿いに停めてもいいの?」

 

 

そんなもん、どこにでも停めたったらいいねん!!

 

魚なんておらへんけどな!!

 

 

 

「柵してることの奥って、釣ったらあかんですよね?」

 

かまへん、かまへん。

そんなもん、テトラの上から行ったったらええねん!!

 

ワシらプロの漁師でも釣れへんねんから!!

 

 

 

「養殖してるとこの横って釣っていいの?」

 

 

かまへんかまへん!!

 

そんなもん、

養殖してる所の中で、ハマチ釣ったったらええねん!!

 

 

 

おっちゃん、むちゃくちゃや。。

 

おっちゃん、絶対何の権限も持っとらんw

 

そんな適当すぎる会話が10分程続きましたとさ。

 

 

*********************************************************************************


動画閲覧はこちらから
(IDとパスを入力してください^^)


IDはブログの右上に、パスワードは人気ブログランキングに記載していますので
興味のある方は応援クリックのついでにご確認下さい('-'*)


 

*********************************************************************************   

 


それでは
FX

 

 

20150415-レジ3パターン

 

A・・レジスタンスに届いてなくて、目標未達成の場合。

B・・レジスタンスに当たって折り返してきてる場合。

C・・レジスタンスを突破して、折り返してきている場合。

 

 

前回Aについて書いたので、

今日はBのパターン

レジに当たって折り返してきた時について見ていきます。

 

この場合はAの時と違って、

レジに到達しているので、考えられる可能性は

大きくわけて2つに分類できます。

 

.一つは転換の可能性。

 

.そして、レジ突破の可能性。

 

 

まず、

.転換について細かく見ていきます。

 

ダウの転換は、

短期足から順に起こります。

 

 

まず、1分足が転換して、5分足が転換して、

15分足、1時間足、4時間足、日足ってな具合に。

 

ただこれは教科書的な説明であって、

間違いではないですけど、

これだけで勝てるのかというとそれは別問題。

 

実際の相場では複数足が

もっと複雑に絡みあっています。

 

 

 

例えば、上の図で水平線B4時間足レベルの

レジスタンスだったとして、

赤の波が1分足・オレンジの波が5分だったとしましょう。

 

レジスタンスに当たったあと、

赤の波の上昇ダウが崩れたからといって、

すぐにショートでしょうか??

 

転換の初動を狙うのであれば、

間違いではないです!!

 

けど、どこまで?? って話。

 

そのままの流れでオレンジの波も崩すの??

 

さらには、前回登場した、

青の波(例えば1時間足の波)も

そのままの流れで崩していくの??

 

って事を考えなければなりません。

 

 

レジに当たって1分足が転換したからといって、

安易に転換を狙って負けてる人多いんじゃないですかね?

 

 

この勝負の場合、4時間足レジ+1分下降トレンドチームと

その他大勢の時間足の上昇トレンドチームとの攻防です。

 

結果的にそこがショートの初動になるかもしれませんが、

A字でズドーーーンと落ちない限り、

一悶着も二悶着もあるのが常です。

 

 

例をあげると、

 

1分崩れた、5分崩れた。

15分は崩れずに、もう一回再上昇。

けど、レジは抜けれずにダブルトップ形成とかね。

 

今度は、15分は崩れたけど、

1時間での押し目買いが入って、高値トライに行った結果、

それが失敗に終わって、やっぱり下~~

 

そして、ようやく転換とかね。

 

 

 

こういう目標達成後の動きの中で、

何度もトレードすると痛手を負います。

 

短期足で上や下やに振られます。

 

せっかく今までトレンドフォローで積み上げてきた利益を

すべて吐き出します orz

 

 

欧州タイム・ニューヨークタイムで

動き切った後とかには、

こういう横横の動きになる事も多いですね。

 

これがいわゆる祭の後ですね。

 

横軸(時間軸)を使わないと

なかなか本当の意味での転換はしてくれない事が多いです。

 

転換の初動を狙うなとは言いませんが、

そのポジションを持ちきるのは

なかなか至難の業だと思います。

 

上級者になれば、そういった背景をを分かった上で

その動きの中で短期決済のトレードはできますが、

目標を達成した後は、

しばらくは静観するのも賢い選択の一つだと思います。

 

 

 

次に、

.レジ突破の可能性 について。

 

 

ロングでついて行くのは

抜けてからでもいいです

 

 

ただこの説明だけでは芸が無いので、

もうちょっと突っ込んだ話を。

 

レジ抜けを狙うのは背景次第ですし、

その時の長期のレジサポの強弱から、

レジを抜けていく可能性の方が高いと考えるならば、

抜けていくところを狙いたいですね。

 

ただ、いったん目標達成した後なんだから、

赤やオレンジの小さいサイズの波の継続を狙うのは

あまりよろしくないです。

 

勢いのある相場の時は、

結果的に赤の波も崩さないまま上昇が継続し、

レジを突破する時もありますが、

それは取れなくてしょうがない。

 

全部を取るのは無理と諦めましょう。

 

それより、負けるリスクの高い勝負を

いかに避けるかの方が大切です。

 

 

抜けていく波の狙い方としては、

レジに当たったあと、赤やオレンジの短期の波がいったん崩れた場合、

そこに短期売り帯や売りの節目が出来ます。

 

その後、深い押し目ゾーンで反応した後、

先程の短期売り帯を上抜いたのをトリガーにして、

レジ突破を狙っていきます。

 

ただし、自分がエントリーした一発目では

抜けないかもしれないですし、

それがダマシに終わって転換になるかもしれないです。

 

転換を狙う組と抜けを狙う組がいるので、

相場がちゃぶつく事も十分考えられます。

 

あれ? 

と思ったら逃げる準備はしとかないとですね。

 

なぜなら、

まだレジスタンスを抜けてないんだもの。

 

 

レジサポ付近で1度や2度勝負して負けるのはまぁ良しとして、

ムキになって何度もここで勝負に挑み、

負けまくるのだけは避けてもらいたいです(^^

 

なぜなら、

まだレジスタンスを抜けてないんだもの。

 

 

 

前回と同じく、今日お話した内容は、

 

ダウ理論の話、 1弾レポート

 

複数足の話、第3弾レポート

 

そして帯の話 帯~基本編  帯~応用編~

 

が含まれていて、

少々、ややこしかったかもしれませんが、

大事なことをいっぱい書きました。

 

各レポートをお持ちの方は復習してみて欲しいですし、

お持ちでない方がこの機会に是非♪

 

 

それでは ノシ

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2015/04/15 14:00 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)