【FX】状況の変化に伴う想定と戦略 Vol.19



こんにちは☆DRAGONです^^

北海道旅行については昨日のd-skさんが完璧に書いてくれていて、

続きはためさんが書いてくれると思うので、

僕はただただ楽しかったですという感想まで(*^m^*)


つけくわえるなら、

晴れの日のツーリングは最高☆

雨の日のツーリングは地獄(TωT)

って事ですかねww


しかし、免許取り立てってのもあるとは思いますが、

晴れてて北海道の自然を満喫しながらのツーリングはめちゃめちゃ気持ちよかったですね^^


やはり自然の力は凄いですね(-ω☆)

もうかなりリフレッシュ出来ました^^

まぁ、リフレッシュするほど普段疲れてないですが(*ノωノ)


また大自然の中でしたいな~と思います(`・ω・´)ゞ

***********************************************************************

動画はさらにわかりやすくておかげで成績が伸びてきた!!

というメッセージもたくさんいただいています\(*´▽`*)/

動画閲覧はこちらから
(IDとパスを入力してください^^)


IDはブログの右上に、パスワードは人気ブログランキングに記載していますので
興味のある方は応援クリックのついでにご確認下さい('-'*)



***********************************************************************

◆これまでの僕の過去記事はコチラからも読めます◆
  
  ⇒DRAGONのページ

◆帯の基礎がわからない方はこちらのレポートで勉強して下さい^^◆



◆さらに帯を極めたい方はこちらのレポートで勉強して下さい^^◆

ouyou001.png

ouyou-kanzen.png

それでは本題へ^^

現在”状況の変化に伴う想定と戦略”というシリーズの中で、


長期での優位性発生
  ↓
長期目標到達途中
  ↓
長期目標到達
  ↓
(長期転換or再度優位性発生)
  ↓
……


という流れにおける、長期での優位性発生について見てきました^^

もし見始めた方がいればVol.1から呼んでもらえれば流れを理解していただけるのではと思いますv(*'-^*)b


そして現在は、長期目標到達途中の中で、

1.明確な長期押し目候補にあたっている


次に今日からは、

b.短期レンジ中

の状況について説明していきたいと思います(o^-')b


まずはレンジについて説明したいのですが、

当然みなさんもお分かりのように、

20150721-1.jpg


このように一定の値幅の中で上下する動きをレンジといいますが、

ではレンジ戦略とは?と聞かれた場合、

レンジの中をとる戦略なのか、またはレンジブレイクを狙うのか

と分かれますよね^^


前者の場合、一般的にレンジの上下、つまりⅠからショートや、Ⅱからロングなんていわれますね^^

そして後者の場合は、その前者のポジションを保有したり、レンジの途中から狙ったりと、

レンジの形成や規模によって変わってきますかね(*^m^*)


まず重要な事は、

”初めからレンジになるとはわかっていない”

という事です。


例えばAの場面でレンジになるとは思っていないですよねw

上昇が継続してトレンドが続くだろ~って見ていると思いますw


これがへたれて、かといって下げず…でも上がりきらない…

というような動きがあって初めてレンジか~ってなります。


もちろん、下にサポートされて、上にレジスタンスされて、

「あ、しばらく揉みそうだな~」

という予想は立てることは出来ますが、

だからといってAで、

「レンジ狙いでショートや~(-ω☆)」

とはならないですよねww



そして、さらに気をつけてほしい事は、レンジ中でも、

”その瞬間にはレンジをブレイクするかもと思いがち”

ということです。


どういう事かというと、

後から見るとなんてことはないただのレンジか~ヾ(*ΦωΦ)ノ

というような場合でも、


リアルでトレードしていればその時にはブレイクするかも!?と思って見ているということです。

例えば先ほどの図でBの場面だと、

「あ、下に抜けそう(゚○゚)!」と思いますし、

Cの場面だと、

「やっぱり上にブレイクするよね~(∀`*ゞ)」

と思って見ている事が多いという事です。


同じようにD,Eでもいえますが、

じゃあ全ての場面で抜けそうだ!という理由だけでエントリーしていれば、

かなりの大怪我を追う事になります(TωT)


そして、抜けそうだと思えば、先ほどのレンジ戦略でもある一番上下からポジションを持つのは難しいですし、

そうかといって抜けを狙ってレンジ継続になれば一番悪いレートを掴む事になります。


そりゃあいつかはブレイクしますから、

自分が持ったポジションでブレイクしていけばそれは嬉しいですけどねww


じゃあレンジは出来ないのか…(ノ_-。)


といえばそうではありません。

僕達もレンジの中で抜けを狙ったポジションを狙う事もあります^^


ならどうやってレンジを攻めていけばいいの?

という事ですが、

背景ありきの、レンジの形成の仕方などによって変わってきます。


今の背景でいうと、

1.明確な長期押し目候補にあたっている


という事が重要になってきますし、

これはつまりロングを狙うために準備をしているなかでの短期レンジ中ということです。


そして、上に抜けるのを狙うためには、

闇雲に狙うのではなく、

しっかりレンジ中の動きを使ってのブレイク狙いをしなければなりません。


さらにいうならば、

抜けの部分だけを狙った長期逆張りのショートという事もあるのですが、

これらについてはまた次回以降で書いていきたいと思います^^


それでは、また('-^*)/


***********************************************************************

動画はさらにわかりやすくておかげで成績が伸びてきた!!

というメッセージもたくさんいただいています\(*´▽`*)/

動画閲覧はこちらから
(IDとパスを入力してください^^)


IDはブログの右上に、パスワードは人気ブログランキングに記載していますので
興味のある方は応援クリックのついでにご確認下さい('-'*)



***********************************************************************
関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2015/07/21 15:14 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)