【FX】状況の変化に伴う想定と戦略Ⅱ Vol.3





こんにちは☆DRAGONです^^


先日従兄弟の結婚式に参加してきました^^

小さい頃は田舎などでよく遊んでいたのですが、

最近は全然会っていなかったので従兄弟の近況はあまり知らない状態での参加です。


その従兄弟は高校くらいからずっとダンスをやっていたという風の噂は聞いていたのですが、

当然その結婚式にもダンス仲間が大勢参加していました。


これまでの人生で僕はダンスってものとは無縁で、

ダンサーという人たちは住む世界が違うと思っていました。


従兄弟はダンスの中でもブレイクダンスという種類が得意なようで、

ほら、よくテレビとかで床でクルクル回ってるやつです(・Θ・;)


余興ではそのブレイクダンサー達が大勢出てきて、

次々と技を競うべく結婚式の床でクルクル回っていました。


新婦ももれなくダンサーだったようで、

その新婦側の友達も盛り上がり、

ちょっとしたダンスコンテスト会場と化しましたww


僕は親族席にいたのですが、

周りの年配の方も僕と同様、

ぽかんと口を空けて見ていますww


ただ、あんなことができたらちょっとかっこいいな~とは思いましたww


すると、式が終わって従兄弟と話していると、

実は僕の住んでいる場所のかなり近くに住んでいることが判明して、

しかもダンスの実力はなかなかのものらしく、

月に数回教室を開いて教えているとのことです。


さらに、僕の家のすぐ近くのビルで会社が終わった後に練習しているそうです。


僕も若者がビルの鏡に向かってなんか練習をしているのをみかけたことがありますが、

まさにあれですww


まさかこんな身近にその人種がいるとは思いませんでしたww

「あれだけ回れたら楽しそうやな~ほんでちょっとかっこいいな。」

と素直な感想を述べると、

「練習したら出来るようになるから、ビルにおいでや!」

という完全に想定外の答えが(・Θ・;)


もちろんビルが閉まってからからなので、

なかなかの夜中ですw


これまで全く接したことのない世界だったのと、

少し興味が湧いたので、

「そこまでゆうならちょっと見に行くわ」

と答えましたww


おっさんがクルクル回るのはどうかと一瞬思いましたが、

とりあえず怪我のない程度でちょっと挑戦してみたいと思いますww


果たしてどうなることやらww


***********************************************************************

◆帯の基礎がわからない方はこちらのレポートで勉強して下さい^^◆



◆さらに帯を極めたい方はこちらのレポートで勉強して下さい^^◆

ouyou001.png

ouyou-kanzen.png

***********************************************************************

 Pick UP! 

トリガーとタイミングを極めるためのバイブル!

帯~エントリータイミング編~

↓ ↓ コチラから ↓ ↓
DMM FX



◆これまでの僕の過去記事はコチラからも読めます◆
  
  ⇒DRAGONのページ



それでは本題へ^^



”状況の変化に伴う想定と戦略Ⅱ”ということで現在、

長期での優位性発生
  ↓
長期目標到達途中
  ↓
長期目標到達
  ↓
(長期転換or再度優位性発生)
  ↓
……



の中の長期目標到達について書いていっています^^


前回、

目標到達=転換

ではなく、当然

目標到達⇒目標突破

も考えられると書きました(-ω☆)


なので、ロング目線で目標到達したからといって、

慌ててショートを打たなくてもいいですねって事ですね。


そして、

今日はじゃあ目標到達したらどちらの目線にたって戦略を立てようかというところですが、


今、例えば目標付近でこのような動きをしたとしましょう。

20150928-1.jpg


これをロング側で見れば、

「目標付近なのに売りが入ってないな(-ω☆)これは突破するかも(☆Д☆)」


しかし、ショート側で見てみると、

「目標到達したのにその後、勢いがないですな。これは揉みを下に抜くんじゃ…(ΦωΦ)」


なんて、それぞれの立場でいいように考えがちですwww


僕達はいつも事実に付いていく習慣をつけて下さい。

といっていますが、

チャートを見ていると、不思議なもので、

いくらでも都合のいいような考えが出てきがちです(ノ_-。)


これはみなさんも十分経験済みではないでしょうかww

もちろん、いつかはどちらかに動くので、

その都合のいい方向に動くかもしれません。


しかし、まだ相場が何も事実を出していない状況だったならば、

それはあくまで予想であって、

サインがでたわけでもトリガーがでたわけでもないですよねヾ(*ΦωΦ)ノ


先ほど、ロング側・ショート側で見ればと書きましたが、

実は大抵はどちら側の考えも頭に浮かんでいます。

つまり、


「目標到達後に揉んでるから、ここから突破もありえるし、下に抜ける事もあるな(-ω☆)」

ってことです。


これってよく考えると、

上か下かどっちかにいくはずだ!

って思ってるってことですよねwww


先ほどもいいましたが、

そりゃいつかはどっちかにいきます(*ノωノ)


そして、上にいこうが下にいこうが、

「やっぱりそっちいったか~(ノд-。)思った通りやで!!」

なんて感じで、

あたかもそちら側だけにいくとでも思っていたかのような勘違いをしますww


どちらにも優位性を見いだせない場面でこんな考えになりがちですが、

そういう場面こそ、

チャート形成を見守る

という選択肢が出てくるのではないでしょうか?


なにも常にトレードすることがいいことでもかっこいいわけでもなくて、

全ての場面において利益をポンポン出せる手法なんて、

この世にないと思っています。


少なくともGT5の手法は背景と優位性とトリガーに重点を置いていますから、

そもそも優位性が感じられない場面では、

エンジンはローギアに入ったままですwww


ローギアでもトレードすることもありますが、

そんな場合は、

間違いなくポジションに対して期待感もあまり持っていないので、

短期決済を狙ったようなトレードになります(`・ω・´)ゞ


先ほどの例は目標付近で揉んでいましたが、

ではこのような場合はどうでしょうか?

20150928-2.jpg



目標タッチでまぁまぁ強い反応を見せています。


ここで、

「やっべー!!転換始まったやんか(ΦωΦ)ついていけ~ヾ(*ΦωΦ)ノ取り残されるぞ~!!」


なんて慌ててショートを取る方はいませんかww


もちろん、ここから転換が始まる可能性もありますが、

まだまだそんな事実はでていません。


何より、この反応は、

目標達成による利食い+短期的逆張り勢

によるところが大きいと思います。

それを狙った逆張りは僕もすることはあります(●´ω`●)ゞ


もちろん、ここに、

ここから転換を狙った大口の第一の仕込み

があるかもしれませんが、

それを僕達が判断するのはまだ先のお話になります。


なので、少し目標付近で強い反応が出たからと言って、

慌てて、転換狙いのショートを連発するのはまだリスクが高い状態といえます。


ではロング側・ショート側について、

それぞれどのように攻めていけばいいのか、

どのような注意点を頭に入れておかないいとダメなのかってことを、

また順番に説明していきたいと思います^^



それでは、また('-^*)/


***********************************************************************

動画はさらにわかりやすくておかげで成績が伸びてきた!!

というメッセージもたくさんいただいています\(*´▽`*)/

動画閲覧はこちらから
(IDとパスを入力してください^^)


IDはブログの右上に、パスワードは人気ブログランキングに記載していますので
興味のある方は応援クリックのついでにご確認下さい('-'*)




***********************************************************************
関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2015/09/28 22:47 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)