【FX】視野が狭くなるPart2


    ↓↓↓   PICK UP    ↓↓↓

みんなのFXは USD/JPY 0.3銭~

(帯~エントリータイミング編~プレゼント中)


    ↑↑↑   PICK UP    ↑↑↑



こんにちは  さとるです。

昨日(【FX】視野が狭くなるPart1
の続きね~。


連日して続く第4回交流会のメンバーのチャット

皆で相場の意見を言い合ったり

図を書いて画像としてアップしてみたり・・・


時間がない中で

少しの画像でも作るのに時間かかるよね。

でも自分の為にアウトプットするために作っている。

後々、それが自分の力になればいいね^^



そんな中での水曜日 25:00過ぎ

FOMC前に・・・

Mさんからの一言

1123-8.jpg


はいはい??????


ちょっと!ちょっと!と一言www

1123-9.jpg



理由を聞いてみると

1123-12.jpg

本当に軽率だったらやらないし。
なんでしちゃうんだと思う??


軽率かもしれない。ダメかもしれない。


けど!!!

軽率なエントリーで利益を上げたことがあるから。


Mさんの反応取りというやつのトータルがプラスになってればいいけどね。



そんな場面ってどんな場面よ!!!

って事で

5分足を見て~~~

1123-11_201511231807551c3.jpg

最終ラインからのロングか!

ウンウン


次!

1時間足を見て~~~

1123-10_20151123180756ddb.jpg


1週間チョイ揉んで安値抜けて帰ってきた後だよ~~~!!!

前日から当日に欠けて

安値更新しない感じで勢いよく上昇してきたけどさ。

短期で・・・・



その後の状況として

何処からどのような状況で今のレートにいるの???


サポートってなんだった??

レジスタンスってなんだった??

直近の動きはどうだった??


しっかり確認してほしいな。



今回は

安値を抜けてレジスタンスされている所だよね。


それでも、安値抜けないよって上昇が勢い良かったわけだよね。

それに対する押し目買いがあるかもね。


それが5分足の赤丸の所なんじゃないかな??


最後はいったん短期的に上行く素振りを見せてからの下落

Mさんはその後のロング・・・・


反応すら取れなかったね。

でも、3PIPSや5PIPSはその時点では反応してたじゃんか。

何で利食いしなかったのかな><



反応取りのつもりが、少し上手く利益のったら

もう少し、あと少し

上の短期レジスタンスまで行け!


そんな風に欲になけちゃうんだね><



まぁ。なんだかんだ言うけど

Mさんや他のメンバーの大きな負けをしてる人はいなかったし

ブログには悪い例しか上げてないけど

うまくトレードした場所とかもあるので

この皆さんが高いモチベーションの間に

いかに吸収できるかだと思うな。



余談ですが

第4回交流会の人とチャットしていて

トレードは自分自身で優位性を探し出して

ここならいくだろう!いくかも!って所でやるんだよって言ったら

1123-14.jpg

一般の人なら普通だけど、
一般人以下レベルの私にしては上出来だったようです^^

御褒めの言葉をいただきました(-_-メ)

て事で、以上
第4回交流会レポートでした。


皆さんの応援クリックお待ちしてます。
いつもありがとう^^

出来たら、2か所押してくれると皆喜ぶよ!
そしたら・・・・



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

それでゎ チャオ


関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2015/11/24 16:01 ] 勝ち続ける為に | TB(-) | CM(-)